1. 総合TOP
  2. 投資家情報
  3. 3分でわかるユニ・チャーム
  4. 3分でわかるユニ・チャーム チャプター3 ユニ・チャームが実現したいこと

3分でわかるユニ・チャーム  チャプター3

ユニ・チャームが実現したいこと

第11次中期経営計画(2021~ 2023年)

ユニ・チャームは「世界中の人々が平等で不自由なく、その人らしさを尊重し、やさしさで包み支え合う、心つながる豊かな社会 ~ 共生社会 ~ 」の実現を目指し、2021年1月1日から2023年12月31日を対象期間とする第11次中期経営計画を策定しました。

持続的成長のための中期経営戦略

第11次中期経営計画では、ユニ・チャームの「パーパス(Purpose:存在意義)」である「SDGsの実現」につながる戦略を五つ設定しました。なお、戦略立案に際しては「2030年のありたい姿」である「世界シェアNo.1/世界で一番貢献している不織布・吸収体メーカー」から、バックキャスティングで発想するよう心がけました。

ユニ・チャームグループの中長期財務目標

中長期の財務目標では、2030年度の売上高目標を14,000億円に設定し、2023年度の目標を売上高は8,880億円、コア営業利益率は15.5%、ROE15%とし、5つの戦略を実行することで、持続的な成長の土台を構築していきます。売上高の成長は、ユニ・チャームの商品がお客様への貢献度の高まりにつながり、持続的な成長の鍵となると考えています。2023年度の売上高目標を達成するためには、CAGR(年平均成長率)+6.9%が必要となります。海外ではCAGR約+9%、日本ではCAGRは約+4%を目指しています。収益性については、当中期経営計画期間は、DXやESG、新規開拓、成長セグメントなどといった先行投資を積極的に進める期間と捉えているため、収益性は維持するかたちとなります。

このページをシェアする