1. 総合TOP
  2. サステナビリティ
  3. 図解でわかるユニ・チャーム紙おむつリサイクル
  4. 研究ノート①

【研究ノート①】ユニ・チャームが実現した紙おむつの循環型リサイクル 【研究ノート①】ユニ・チャームが実現した紙おむつの循環型リサイクル

研究テーマ:循環型リサイクルとは?

図解:循環型リサイクルのフロー

リサイクルには、いろいろな方法があります。使用済み紙おむつから別のもの、例えば固形燃料や建築資材を作って再利用するのも、リサイクルのひとつです。それに対し、紙おむつをもう一度紙おむつとして使えるようにするのが、「循環型リサイクル」です。


循環型リサイクルには、限られた資源を繰り返し使えるというメリットがあります。紙おむつは、木材から作られるパルプを主な材料とするので、パルプを繰り返し使えば、森を守ることもできます。ユニ・チャームが目指したのは、この循環型リサイクルです。

世界初! ユニ・チャームの紙おむつ循環型リサイクル

図解:ユニ・チャームの紙おむつ循環型リサイクルのフロー

*低質:まだ汚れの成分や菌が残っていて、紙おむつに使用できないレベル
*上質:紙おむつに使用できる品質基準に適合しているレベル

上の図は、ユニ・チャームが世界で初めて実現した紙おむつの循環型リサイクルモデルです。まず、紙おむつを細かく砕いて洗い、素材別に分けます。この段階では、まだ汚れやにおいが残っています。そこでこのあと、パルプにはオゾン処理、高分子吸水材(SAP)と呼ばれる吸収材には酸を使った特別な処理を施して再生します。こうして安全できれいな状態に戻った素材を再び使い、新しい紙おむつを作ります。

このページをシェアする