1. 総合TOP
  2. サステナビリティ
  3. 重要取り組みテーマ:私たちの健康を守る・支える

重要取り組みテーマ:私たちの健康を守る・支える

基本的な考え方・方針

ユニ・チャームの企業理念「NOLA & DOLA」には、「赤ちゃんからお年寄りまで、生活者がさまざまな負担から解放されるよう、心と体をやさしくサポートする商品・サービスを提供し、一人ひとりの夢をかなえたい」という想いを込めています。世界中の生活者一人ひとりが、人生のさまざまなステージで、いつでも「自分らしさ」を実感し、日々の暮らしを楽しむことができる社会の実現に貢献する商品・サービスの展開を目指します。

女性が輝く社会づくりのために

貢献するSDGs

取り組みの背景

それぞれの国や地域が抱える課題を克服し、女性が社会で活躍することは、平等なジェンダーの実現のみならず、貧困の解消や地域の経済発展にもつながります。世界中の女性が輝く社会づくりの一助となるよう、これまでに蓄積した事業活動のノウハウを活かし、それぞれの国や地域の特性に合わせた商品・サービスを提供するとともに啓発活動を進めています。

活動状況

【日本】ソフィ「#NoBagForMe」プロジェクト

生理用品ブランド『ソフィ』は、「話そう、知ろう。生理のこと。」というスローガンを掲げ、生理に対する新たな価値観を社会全体で創ることを目的に、2019年6月、「#NoBagForMe」プロジェクトを発足しました。プロジェクトでは「いかにも生理用品」といった一般的なパッケージとは一線を画す新たなデザインの開発と販売(2019年)や、企業向け研修プログラムとして開発した「みんなの生理研修」を複数社で実施(2020年)するなど、さまざまな啓発活動を展開しています。

【ミャンマー】初潮教育と妊婦教育

ミャンマーにおける衛生的な生理用品の使用率は約50%で、地方では布などで経血を処理する例も多くみられます。当社では2017年にNGOや現地の地方自治体など公的機関と共にミャンマー国内の中学校でナプキンの使い方を含めた初潮教育を開始しています。なお、2020年は21校で実施することができました。

また、妊娠中の女性に、妊娠期間中の栄養に関する知識と併せて、子どもの成長に合わせた紙おむつの選択・使用方法などを解説する講習会も開催しています。2020年は42の医院を訪問しました。今後も同様の活動を継続し、ミャンマーにおける妊産婦ならびに乳幼児の健康増進に貢献していきます。

  • ユニ・チャーム調べ

【インド】初潮教育・月経教育の進展

当社は、JICAや現地のNGOなどと協力し2013年にインドの生徒に生理のメカニズムや適切なケアを教える初潮教育「Managing Menstruation-My Pride」を始めました。2020年は4地域の174校で実施され、約12,500名が参加しました。2019年には、母娘で学ぶためのセッションも開始し、2020年は、デリーやジャイプールなどで79回開催し、約2,320組の母娘が参加しました。

また、当社のトレーニング・プログラムを受講し、生理用品に関する知識を身につけた“ソフィ セヒヨギ”(セヒヨギはアンバサダーの意)による農村地域を対象とした生理に関する啓発活動を展開しています。2020年はコルカタやニムラナなどの農村部10地区で12回開催し、約450名が参加しました。

健康寿命の延伸のために

貢献するSDGs

取り組みの背景

世界一の超高齢社会、日本。2025年には65歳以上の人口が30%を超えると予測されています。医療の発展により平均寿命が長くなる一方で、「健康寿命」(健康上の問題で日常生活に制限がない期間)への関心が一層高まっています。年齢を重ねても、その人がその人らしく、豊かな社会生活を送ることは、誰もが願うことです。加齢に伴うさまざまな不具合に対応したケア用品を提供し、それらを適切にご活用いただくことで、それまで通りの活動的な生活ができることを広く知っていただくことは、健康寿命延伸に貢献することと当社は考えています。

活動状況

【日本】体幹を支え、自立歩行を支援する『ライフリー歩行アシストパンツ』

安定した歩行のためには、しっかりとした骨盤で、体幹を支えることが重要です。『ライフリー歩行アシストパンツ』は、骨盤帯に圧力を加えて腹圧を高め、体幹を支えてバランスを保つ技術をパンツに採用し、歩行の不安を低減。また、足の動きを妨げず、歩幅を広げる構造で、歩きやすさを向上させました。さらに薄く伸縮性があり柔らかさと通気性を備えた布の下着のような生地感で、毎日の生活に違和感なく取り入れていただけるよう工夫しています。

また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって外出を自粛している高齢者に焦点をあて、外出頻度の減少による「生活動作」や「生活意欲」の変化について調査した結果、半数以上の方が体力の低下を実感していることが分かりました。そこで家の中でもできる歩行体操をWebサイトで紹介しています。

家族と自宅で気軽に健康を維持するために、歩行をサポートする商品や体操を組み合わせて提案し、生活動作や生活意欲を高め、自立(自律)した生活の維持・向上に貢献しています。

パートナー・アニマル(ペット)との共生のために

貢献するSDGs

取り組みの背景

人とパートナー・アニマル(ペット)が幸せに共生することは、当社の願いのひとつです。犬や猫のフードや衛生用品を通じて、家族はもちろん、地域に暮らす人々から歓迎される環境の向上に取り組んでいます。近年、猫の飼育数は増加傾向にあり、多くの飼い主にとって猫は家族の一員のような存在となり、一緒に過ごす時間が長くなることで関係性が深まっています。30年にわたってパートナー・アニマル(ペット)の健康を支えてきた知識と技術を活かした商品やサービスを通じて、猫の健康に対する意識や、排泄トラブルの解決へ貢献していきます。

活動状況

【日本】猫の排泄トラブルを解決する“ねこ用吸収ウェア”

室内で飼育されている猫が、自分のニオイをつけるためにおしっこをする「スプレー行為」やトイレ以外での粗相といった排泄トラブルに対処する“ねこ用吸収ウェア”『マナーウェアねこ用』を2020年3月に発売しました。この商品は猫特有の体形や柔軟な動きに対応した設計になっており、装着する猫にストレスを与えにくいデザインとなっています。また、初めて使用する飼い主向けに、適切なはかせ方や慣らせ方のコツを分かりやすく解説した動画も公開しています。

【日本】食事とおしっこチェックで猫の健康な毎日をサポート

愛猫の健康管理に対するニーズの高まりを受けて、当社では2020年3月に新ブランド『AllWell』を発売しました。『AllWell』は猫特有の食事の吐き戻し軽減を中心とした7つの機能で愛猫の健康な毎日をサポートする商品です。また、同時期には、自宅での猫の体調管理を促進する『おうちでおしっこチェックキット』を発売しました。この『おうちでおしっこチェックキット』は愛猫のおしっこを活用し、その色や量、たんぱく量で体調をチェックしたり動物病院に持参するための採尿をサポートする商品です。

衛生環境の向上のために(マスク・ウェットティッシュ)

貢献するSDGs

取り組みの背景

日々の健康を守り、安心で快適な暮らしをサポートする『超快適®マスク』『超立体®マスク』ブランドでは、多様化するマスクの使用実態やニーズの変化に合わせてラインアップを拡充し、お子様から大人まで一年を通して快適にご使用いただけるマスクを提案しています。また、ウェットティッシュ関連では、住環境やライフスタイルの変化に合わせた商品を展開し、効果的で快適な日々の生活づくりに貢献しています。とりわけ、アジア諸国において、所得水準の上昇に伴ってウェットティッシュの需要が高まっており、展開スピードを高めるなどして衛生環境の改善に貢献しています。

活動状況【日本】

2020年のコロナ禍においてステークホルダーの皆様の健康と安全の確保のために、世界各地の拠点でマスクを寄付するなど、さまざまな取り組みを行いました(詳細は、特集「ユニ・チャームグループの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への取り組み」をご覧ください)。

2020年11月には、お客様相談センターに寄せられた、マスクに関するお問い合わせ内容に焦点をあて、「ユニ・チャーム 超快適®マスク 超立体®マスク公式サイト」を公開しました。本サイトでは、マスクをより効果的に使用いただくためのサイズ選びやすき間を作らない装着方法、マスクとともに快適に過ごすためのお役立ち情報などを紹介しています。また、耳が痛くなりにくい装着方法を動画などで紹介しています。

COVID-19対策に欠かすことのできないウェットティッシュについても、常に清潔に保つための正しい取り出し方をWebサイトで紹介しています。

育児生活の向上・衛生環境の向上

貢献するSDGs

取り組みの背景

近年降水量の増加等によりマレーシア、シンガポールでは、デング熱の危険性が高まっています。デング熱の予防には、「蚊にさされない」「蚊を増やさない」という2つの対策を地域全体で取り組むことが重要です。当社は、感染対策に関する情報提供と、蚊を寄せつけない機能の紙おむつを提供することによって、マレーシア、シンガポールの赤ちゃんと保護者の手助けをしたいと考えています。

活動状況

【マレーシア・シンガポール】デング熱から赤ちゃんを守りたい、世界初アンチモスカプセル搭載『MamyPoko Extra Dry Protect』発売

2020年9月よりマレーシアおよびシンガポールにおいて、デングウイルスを媒介する蚊を寄せつけない「アンチモスカプセル」を搭載した紙おむつ『MamyPoko Extra Dry Protect』を期間限定で発売しました。「アンチモスカプセル」とは、蚊が忌避する「レモングラス」成分をマイクロカプセルに詰め込んだものです。この「アンチモスカプセル」を紙おむつのテープ部分に塗工することによって、テープの付け外しの際にカプセルが破砕され、レモングラス成分が赤ちゃんの肌を蚊から守ります。なおレモングラス成分は自然由来の資材を用いており、赤ちゃんの肌に触れても安心です。

また、デング熱拡大防止の取り組みとして、専用のWebサイトを立ち上げ、デング熱を経験した母親の経験談や予防策などの情報を提供しています。この他にもクアラルンプールで、デング熱の危険性や予防策について専門医とのパネルセッションを実施しました。

  • テープ部に香料含有の破損有無の両マイクロカプセルが塗工されている構造。主要グローバルブランドにおける幼児用使い捨ておむつ対象(2020年2月 ユニ・チャーム調べ)

このページをシェアする