1. 総合TOP
  2. サステナビリティ
  3. 今できるサステナブル「えらぶ」「つかう」「めぐらせる」

ユニ・チャームが考える、
今できるサステナブル

キーワードは、
えらぶつかうめぐらせる

それは、
「あなたにも、地球にも、
ここちよい暮らし」

わたしたちがこれまで向き合ってきた
「生理」や「育児」「介護」、
そして「ペットとの暮らし」の世界。

これまでは、何よりも
使って頂く方々の声に耳を傾け、

少しでも「ここちよい」日常に
つながることを大切にしてきました。

これからは、地球環境にとっても
「ここちよい」を加速していきます。

しかし、わたしたちにとって課題は山積みです。

何をどう変えれば「使いごこち」を落とさずに、
地球にも「ここちよい」を増やせるのか。

人々の幸福に関わる商品ばかりだからこそ、
データや理論だけに基づいた改善、
改良だけではなく、

すべての人に愛されるチャーミングな
発想もかけ合わせたい。

使って頂けるみなさんといっしょに悩みながら、
未来へと進もうと思っています。

そこで、「えらぶ」「つかう」「めぐらせる」。

例えば、いつもの商品で“包材やラッピング”が
脱炭素したアイテムを「えらぶ」 。

例えば、いつもの紙パンツ(おむつ)に
パッドを重ねて「つかう」ことで
ゴミの総量を減らす。

例えば、使用済み紙パンツを
“ゴミ”と決めつけずに“RefF”のために回収して
再び素材として「めぐらせる」。
※RefF向け使用済み紙パンツ回収は一部限定です

「あなたにも、地球にも、ここちよい暮らし」へ。

今できるサステナブルをはじめましょう。

えらぶつかうめぐらせるでめざすのは

「地球の健康を守る・支える」

ユニ・チャームは「共生社会」の実現に寄与するために、環境問題や社会課題の解決に取り組んでいます。

共生社会の実現のために「私たちの健康を守る・支える」「社会の健康を守る・支える」「地球の健康を守る・支える」の3つの柱に加え「ユニ・チャーム プリンシプル」があります。

こちらのサイトでは
「地球の健康を守る・支える」
取り組みについてご説明します。

日本政府は2020年、2050年までに温室効果ガス(GHG)の排出を
全体としてゼロにする=カーボンニュートラルを目指すことを宣言。
「排出を全体としてゼロ」とは、CO₂をはじめとする温室効果ガスの「排出量」から、
植林や森林管理などによる「吸収量」を差し引いて、合計を実質的にゼロにすることを意味しています。

この政府の宣言を受け、ユニ・チャームの
「地球の健康を守る・支える」活動では
以下のビジョンを掲げています。

CO₂排出“0”を目指す「ビジョン2050」

ビジョン2050とロードマップ

ビジョン2050実現に向けた2030年までの中間目標「環境目標2030」(2020年発表)2023年実績(いずれも基準年は2016年)

※上記の目標および実績は原単位をベースとしています。

目標をクリアしている項目は、さらに高い目標値を設定し、2024年現在も推進しています。

活動内容

CO₂排出“0”を目指すには、
製品の原料の調達先である資材サプライヤや消費者の皆さまとも協力・連携が必要であると考え、資材調達、製
品生産、流通・販売のすべての工程で【A】~【D】をテーマに「CO₂削減活動」を行っています。

アンケートにご回答いただいた方に、
抽選でAmazonギフトカード
500円分をプレゼント!

アンケートにお答えいただいた方の中から、
抽選で100名様にAmazonギフトカード500円分をプレゼントします。
あなたが普段意識している、環境負荷軽減に向けた取り組みについてのアンケートです。
3分程度で簡単にお答えいただけますので、是非ご協力をお願い致します。

当選発表

当選者の発表は、
賞品の発送をもってかえさせていただきます