1. 総合TOP
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース一覧
  4. 2023年
  5. 社員の人事評価指標にESG項目を採用

2023年01月30日

社員の人事評価指標にESG項目を採用

ユニ・チャーム株式会社(代表取締役 社長執行役員:高原豪久)は、中長期ESG目標「Kyo-sei Life Vision 2030」を推進し、当社のパーパス(存在意義)である「SDGs目標達成への貢献」を実現するため、2023年1月より一般社員の人事評価指標にESG項目を採用することにしましたのでお知らせします。

人事評価指標にESG項目を採用した背景

当社は、パーパス(存在意義)に「SDGs目標達成への貢献」を掲げ、これを着実に実行するべく2020年10月に中長期ESG目標「Kyo-sei Life Vision 2030」を公表し、事業活動を通じた社会課題の解決に取り組んでいます。このような動きに合わせて、2020年より取締役(監査等委員である取締役を除く)および執行役員の評価指標にESG項目を導入しました。

なお、当社では毎年1回の頻度で社員意識調査を実施しており、「日々の業務がどの程度、社会に貢献できているのか知りたい」といった声が多く寄せられていることなどを踏まえて、本年より人事評価指標へのESG項目の導入を一般社員にまで拡大することとしました。

人事評価指標におけるESG項目導入の概要

対  象: ユニ・チャーム株式会社の正社員

開始時期: 2023年1月

設定概要: 中長期ESG目標「Kyo-sei Life Vision 2030」推進に関連する活動を具体的に設定。

                  評価に占める割合は10~25%程度。(資格・役職等により変動)

                  <設定項目の例>

      営業部門: 環境配慮型商品の取扱店率の向上。返品削減による廃棄ロスの軽減。

      生産部門: 省エネ、省資源などを追求する設備改善への取り組み。

      開発部門: 環境配慮型商品の開発。使用原材量削減による環境負荷軽減の推進。

      マーケティング部門: 環境問題・社会課題解決型商品のマーケティング策の推進。

<関連情報>

ユニ・チャーム 「Kyo-sei Life Vision2030」

https://www2.unicharm.co.jp/csr-eco/kyoseilifevision/index.html

これからも、商品やサービスの提供といった事業活動を通じて、環境問題や社会課題を解決し、SDGsの達成に貢献することを目指します。

<<本件に関するお問い合わせ先>>

ユニ・チャーム株式会社 ESG本部  広報室    TEL:03-6722-1019

このページをシェアする