1. 総合TOP
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース一覧
  4. 2021年
  5. 『シルコット ウェットティッシュ』初めて植物由来原料を容器に使用

2021年03月03日

『シルコット® ウェットティッシュ』で初めて植物由来原料を容器に使用

2021年3月23日よりムーミン デザインを採用して西日本限定で発売

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原豪久)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い需要が高まるウェットティッシュにおいて、環境に配慮した植物(サトウキビ)由来の原料を本体容器の底フタに使用し、幅広い層に人気のキャラクター‟ムーミン“を採用した『シルコット® ウェットティッシュ』ノンアルコール除菌を、2021年3月23日より西日本限定で発売します。

  • 全ての菌を除菌するわけではありません。

ノンアルコール除菌

植物由来の原料を容器に使用『シルコット® ウェットティッシュ』ムーミン デザイン 植物由来の原料を容器に使用『シルコット® ウェットティッシュ』ムーミン デザイン

植物由来の原料を容器に使用
『シルコット® ウェットティッシュ』ムーミン デザイン

© Moomin Characters ™

発売の背景

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、ウェットティッシュの市場規模は、2019年と比較して2倍以上に拡大しています。それに伴い、当社では24時間体制での増産を継続しています。また、当社は昨年、中長期ESG目標「Kyo-sei Life Vision 2030」を策定し、重要な取り組みテーマの1つに、地球の健康を守る・支える「環境配慮型商品の開発」を設定しました。

そこでこの度、ウェットティッシュで初めて環境配慮型商品として、本体容器の底フタに植物(サトウキビ)由来の原料を用いる事によって、限りある石油資源の節約とCO2 排出量の削減によって環境負荷の軽減を目指します。更に、長引くコロナ環境下において、少しでもストレスなく身の回りをキレイに過ごしてもらいたいという想いから、幅広い層に人気の‟ムーミン“を本体容器のデザインに採用します。

商品の特長

(1)植物(サトウキビ)由来原料を本体容器底フタに使用

  • 『シルコット® ウェットティッシュ』ノンアルコール除菌が対象。
  • 本体容器における植物(サトウキビ)由来のプラスチックは、底フタ部分に約38%使用。

<ノンアルコール除菌ウェットティッシュ>

ノンアルコール除菌 ウェットティッシュ ノンアルコール除菌 ウェットティッシュ

© Moomin Characters ™

(2)ムーミンデザインを採用

  • 選ぶのが楽しくなる、2種類のムーミンデザインを採用。
  • 幅広い層に人気のキャラクター、ムーミンやリトルミイが登場。

ノンアルコール除菌 ウェットティッシュ ノンアルコール除菌 ウェットティッシュ

© Moomin Characters ™

(3)片手でポン!ですぐキレイ

  • ワンプッシュでシートを1枚ずつサッと取り出せるボックスタイプ。
  • 手がふさがっていても、手や指が汚れていても、とても衛生的で便利。

(4)自然由来の録茶カテキン配合で安心

  • 身の回りの除菌や、お子様の手口の汚れ拭きに最適。
  • 「厚手しっかりシート」で手指や身の回り品にも使いやすい。
  • ノンアルコール・無香料。

入数・価格

商品名 入数 価格
シルコット® ノンアルコール除菌※ ウェットティッシュ 45枚 オープンプライス

発売時期

2021年3月23日より西日本限定で発売します。

(関連情報)  
シルコットウェットホームページ  http://www.unicharm.co.jp/silcotwet/index.html
シルコットウェットCM 

https://youtu.be/lrFsigEHHfE

ユニ・チャーム Kyo-sei Life vision 2030  http://www.unicharm.co.jp/csr-eco/kyoseilifevision/index.html

『シルコット® ウェットティッシュ』植物由来原料の使用やムーミン柄を通じて貢献する「SDGs 17の目標」

『シルコット® ウェットティッシュ』の発売は、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)で定めた17の目標のうち、下記の4つに貢献するとユニ・チャームでは考えております。

 

3.すべての人に健康と福祉を   9.産業と技術革新の基礎をつくろう   

12.つくる責任 つかう責任    13.気候変動に具体的な対策を     

 

ユニ・チャームは商品やサービスの提供といった事業活動を通じて、SDGsの目標達成に貢献することを目指しています。これからも事業活動の展開を通じて、環境保護や社会課題の解決に貢献します。

このページをシェアする