オヤスミマン

よくあるママの心配

夜のおしっこモレ・おねしょ対策に「困った!」ときは

ママの心配1昼間のおむつはとれたのに、夜はダメ。うちの子、ヘン?

本当は

昼間と夜では人のからだのメカニズムが違うのです!

夜のおむつがまだ卒業できなくてもヘンではありません。昼のおしっこは、ママがおしっこのリズムをつかみながら、たくさんおしっこが溜まった時を見計らって「チーしようね」と誘っていきながら、しつけます。
ところが夜のおしっこは、トレーニングしてよくなるものではありません。夜のおむつはとるものではなく、子どものからだの発達によって、自然にとれるものなのです。
子どもが成長していくと、寝ている間に「抗利尿ホルモン」がたくさん出るようになり、夜のおしっこが減って、その尿をためる膀胱も大きくなっていきます。すると、おむつが濡れない日が増えていきます。抗利尿ホルモンの分泌には、睡眠のリズムがとても大事。規則正しい早寝早起きの睡眠リズムをつけてあげることで、抗利尿ホルモンがよく分泌するようになります。
子どもの自尊心を傷つけないよう、嫌がらなければ昼間はいているパンツに近い、夜用キッズ紙パンツを使うなど工夫し、おねしょをしていなかったら、「よかったね♪」とほめてあげましょう。

 

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm