おねしょ

おねしょを減らすには?

昼のおしっこ、うんちはパーフェクト!
いよいよ残るは夜のおねしょですね。
でも、おねしょは本人のやる気や努力、で改善できるものではないのです。

おねしょがなくなるために必要なのは、十分な「抗利尿ホルモン」の分泌と膀胱の容量です。
夜眠っている間に「抗利尿ホルモン」がたくさん分泌されると、おしっこが濃くなって量を減らしてくれます。また、膀胱の容量が増えればたくさんのおしっこを貯めておくことができますね。
だから、十分な「抗利尿ホルモン」が分泌されるようになり、膀胱が朝までおしっこを貯めておけるだけ大きくならないとおねしょはなくならないのです。

それでは、おねしょを減らすために
ママと子どもはどうしたらよいのでしょうか?

次のページから詳しく見ていきましょう!

おねしょは個人差が大きく、生後半年ぐらいからほとんど夜のおむつを汚さない子どももいますし、学童期になっても時々おねしょをする子どももいます。
4~5歳で25%(5人に1人)、6~7歳でも15%の子どもがおねしょをしているという調査報告もあります。

※ユニ・チャーム調べ

赤ちゃんのおむつ・おしり研究所

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm