ママの初めてレッスン:出産編

Lesson3:初めての破水

破水とは?

破水は生まれる直前にするイメージが強いですが、陣痛の前におこる破水もあるのです。先に破水してもパニックにならないですむように、破水についてきちんと知っておきましょう。

破水を知ろう

胎児を包んでいる卵膜が破れて、中の羊水が外へ流れ出ることを破水と言います。
通常は陣痛も激しくなり、子宮口が全開になってから破水することが多いのですが、陣痛より先に破水する場合もあります。これを前期破水といいます。

陣痛より先に破水しても大丈夫なの?

赤ちゃんが十分に大きく育っていれば、破水が先に起きても心配する必要はありません。陣痛より破水が先だというのはよくあることなんですよ。ただ赤ちゃんと外の世界がつながってしまうので、感染を防ぐために病院でできるだけ早く処置してもらいましょう。

出てくる羊水はどんなもの?

出てくる羊水の量は個人差があります。ブチッと音がして大量に出てくる人や、チョロチョロと少量が流れ出てくる人、出血も伴う人など様々です。羊水は生あたたかく、量が少ないと尿モレとの区別がつきにくい場合もあります。
臭いも個人差があり、全く臭いがしない場合から耐えられないほど生臭い場合など様々です。

破水の見分け方

おしるしや前駆陣痛は気付かなくてもあまり問題がありませんが、破水は感染の危険性もあるので、すぐに病院へいかなければなりません。
ただ、尿モレと見分けがつきにくい場合もあるので、破水したかどうかのチェックポイントを見ておきましょう。

●臭いをかぐ
羊水の臭いは人それぞれですが、尿ならアンモニアの臭いがするはずです。

●自分の意思で止められるか確認
尿モレと違い、破水したら、自分の意思で羊水を止めることはできません。力を入れて止められるかチェックしましょう。

それでも判断がつきにくい場合は、そのままにせず、必ず病院へ行って確認してください!

  • 不安や悲しくなるマタニティのあなたへ
  • マザーズセレクション大賞2年族受賞

育児に役立つ情報

 

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm