ママの初めてレッスン:育児編

Lesson12:赤ちゃんはなぜ泣くの?

赤ちゃんはなぜ泣くの?

赤ちゃんは泣くものとわかっていても、なかなか泣きやまないとママの悩みのタネにも。そもそも赤ちゃんはなぜ泣くのでしょう?そんな基本的なことから考えてみませんか?

赤ちゃんはなぜ泣くの?

赤ちゃんはどうして泣くのでしょう?

赤ちゃんが泣くのはあたりまえ

泣くことは、言葉が話せない赤ちゃんの唯一のコミュニケーション手段。小さなことでも泣くのはあたりまえです。

泣いて教えてくれるからママは助かる!

赤ちゃんが泣いてくれるから、新米ママでも赤ちゃんの様子がわかります。赤ちゃんからママへ気づきの手助けをしてくれているのです。

赤ちゃんが泣いたらまずしたいこと

おなかはすいていませんか?

生まれたての赤ちゃんはすぐにおなかがすいてしまいます。授乳の時間が来ていませんか?

おしっこをしたがったり、おむつが汚れたりしていませんか?

おしっこやうんちがしたいのかもしれません。また、おむつが汚れていませんか?お肌がいつもと同じ様子かもチェックして。

寒すぎたり、暑すぎたりしませんか?

体温を調節する機能が未熟な赤ちゃんは、暑さや寒さに敏感。様子を良く見てあげて。

夜、明るすぎ、うるさすぎではないですか?

テレビの音が大きかったり、まぶしい光が漏れていると、赤ちゃんはリラックスできません。

痛がったり、かゆがってはいませんか?

衣服の止め具やタグが肌にあたったり、何か異物が入ったりして、痛かったり、あせもがかゆいことも。

こんな泣き方は要注意

普段と様子が違う時はよく観察を

泣き方が見たこともないほど激しく、普段と様子が違うようならば、どこか具合が悪いのかもしれません。

こんな症状が見られたら病院へ

自己判断せず、救急病院などを受診するようにしましょう。

  • 不安や悲しくなるマタニティのあなたへ
  • マザーズセレクション大賞2年族受賞

育児に役立つ情報

 

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm