ママの初めてレッスン:育児編

Lesson11:初めての予防接種

予防接種の基礎知識

予防接種は、赤ちゃんを重い感染症から守るためにとても大切なもの。ですが、最終的に接種するかどうかは、両親の判断に任せられています。正しい知識を持ち、迷った時には医師に相談のうえ、できるだけ受けさせるようにしましょう。

予防接種の基礎知識

予防接種は何のため?

赤ちゃんに病気への免疫をつけます

赤ちゃんにウイルスや細菌への抵抗力をつけ、重い病気にかかるのを防ぐのが予防接種です。

予防接種はどうしても必要なの?

日本で少なくなった病気でも、まだ完全に消滅したわけではありません。流行を防ぐためにも大切です。

受けるかどうかは親が決めます

ママたちが子どもだった頃と違い、今は受ける・受けないの判断は両親に委ねられています。

任意だからこそ正しい知識が大切

両親が主体的に、それぞれの病気について知ることが大事。
そのうえで、分からないことは医師と相談しましょう。

予防接種にはどんな種類がある?

定期接種と任意接種の2種類があります

予防接種には、国が積極的に勧めるものと、親や本人の希望で自主的に受けるものの2種類があります。

ワクチンのタイプによる種類

予防接種には、ワクチンの性質や作られ方によって、生ワクチンと不活化ワクチンがあります。

受けておきたい予防接種の種類

主な予防接種の種類です。

  • 不安や悲しくなるマタニティのあなたへ
  • マザーズセレクション大賞2年族受賞

育児に役立つ情報

 

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm