ママの初めてレッスン:育児編

Lesson7:初めての赤ちゃんの生活リズム

睡眠のリズムの変化

寝て起きて、を短い間隔で繰り返す新生児期を過ぎると昼間に起きている時間、夜寝ている時間が、徐々にまとまってくるようになります。これも成長の証なんですね。ママも意識して、生活のリズムをつけたり、昼夜の区別をつけていってあげましょう。

成長とともに変化

1日1日大きくなっていく新生児期に比べると、成長のスピードは、徐々にゆるやかになっていきます。それにつれ、全体の睡眠時間も徐々に短くなり、長く起きていられるようになります。また、運動能力が向上し、体を動かすようになると、ぐっすりと眠れるようになり、1回の睡眠時間も長くなっていきます。また、一度に飲むおっぱいの量が増え、消化器官や膀胱の発達につれ、授乳やおむつ替えの頻度も少なくなってくるので、細切れのリズムが少しずつ変化していきます。

月齢別の生活リズム目安

体内リズムを作るには

最近の研究では、人の体内時計は1日25時間のリズムで、自律神経が1時間のズレを調整すると見られています。1日24時間だというサイクルを体が覚えるのは、なんと赤ちゃん時代なのだそう。だから、赤ちゃんの生活リズムはとても大切なのです。赤ちゃん時代に覚えた正常な体内リズムは、大人になっても保てるといいます。ママとパパががんばって、早寝早起きや規則正しい生活のリズムをつけさせてあげましょう。

パパとママと赤ちゃん

  • 不安や悲しくなるマタニティのあなたへ
  • マザーズセレクション大賞2年族受賞

育児に役立つ情報

 

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm