ニュースリリース企業情報トップへ

  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 資材調達

2020年10月22日

ユニ・チャームグループ中長期ESG目標

「Kyo-sei Life Vision 2030」を発表


  

 

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:高原豪久)は、本日2020年10月22日、ユニ・チャームグループ中長期ESG(環境・社会・ガバナンス)目標「Kyo-sei Life Vision 2030 ~For a Diverse, Inclusive, and Sustainable World~ 」を、“ユニ・チャームのホームページ”で発表しました。





ユニ・チャームの企業理念は「NOLA&DOLA (Necessity of Life with Activities & Dreams of Life with Activities)」です。この企業理念「NOLA&DOLA」には、「赤ちゃんからお年寄りまで、生活者がさまざまな負担から解放されるよう、心と体をやさしくサポートする商品を提供し、一人ひとりの夢を叶えたい」という想いを込めています。

この企業理念を全社員で体現することによって「だれもが可能性を最大限に発揮でき、自分らしく充実した人生を送れる社会」「お互いが自立し、ほどよい距離感で助け合いながら共存している社会」である「共生社会」の実現に貢献することを目指しています。

このような企業理念「NOLA & DOLA」や「共生社会」を実現するために、当社は中長期ESG目標を策定しました。

策定にあたっては、2050年に「共生社会」が実現されると仮定して「理想の将来像」を具現化し、この将来像と現状のギャップを埋めるために必要なアプローチを整理しました。  その後、重要課題(マテリアリティ)を特定し、重要取り組みテーマ・指標・目標を設定、「Kyo-sei Life Vision 2030 ~For a Diverse, Inclusive, and Sustainable World~」としました。

当ビジョンを着実に実行する事によって、環境問題や社会課題の解決への寄与、消費者や地域社会への貢献、継続的な事業成長等を同時に実現する事を目指します。  

「Kyo-sei Life Vision 2030」は、「ユニ・チャーム プリンシプル」(全てのステークホルダーから信頼を得られるような公正で透明性の高い企業運営を目指すこと)をベースに、次の「3つの健康」を「守る・支える」ことで構成しています。(下図を参照ください)

ž   ・私たちの健康を守る・支える: 全ての人が「自分らしさ」を実感し、日々の暮らしを楽しむことができる社会の実現に貢献する商品・サービスの展開を目指します。

ž   ・社会の健康を守る・支える : 提供する商品・サービスを通じて、お客様の安全・安心・満足の向上と、社会課題の解決や持続可能性への貢献の両立を目指します。

 ・地球の健康を守る・支える : 衛生的で便利な商品・サービスの提供と、地球環境をより良くする活動への貢献の両立を目指します。



なお詳細につきましては下記の“ユニ・チャーム ホームページ”をご参照ください。

(和文)http://www.unicharm.co.jp/csr-eco/kyoseilifevision/index.html

(英文)http://www.unicharm.co.jp/english/csr/kyoseilifevision/index.html



<<本件に関するお問い合わせ先>>

ユニ・チャーム(株) 企画本部  広報室    TEL:03-6722-1019

                 

 

 

 

 

 







 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm