サステナビリティサステナビリティトップへ

事業展開を通じた社会貢献

 

「尿もれケア・排泄ケア」講座を通じた健康寿命延伸の取り組み

年齢を重ねても自分らしさをあきらめないで過ごしたい、高齢者のそんな想いに応えるため、ユニ・チャームでは、2000年に排泄ケア研究所を設立し、地域や教育機関などと連携し、適切な排泄ケアや介護知識の普及に向けた取り組みを続けています。対象者に合わせたテーマとプログラムを設定し、高齢者本人の快適な生活とケア従事者の質の高いケアの実践に役立つ知識と技術を啓発しています。

排泄ケア研究所が行う「尿もれケア・排泄ケア」講座
対象 一般シニア 在宅介護専門職、
家族介護者
介護&看護学生
(専門職養成校)
テーマ 介護予防(尿もれケア) 排泄ケア 排泄ケア
2019年
開催回数
21回 14回 30回
内容 介護予防に重要な「尿もれの予防とセルフケア」をテーマに、その予防と改善、上手に付き合っていくための方法を紹介しています。 おむつの適切な選び方や使い方(あて方)を通して、在宅介護の大きな課題である排泄ケアの負担を減らす方法を紹介しています。 高齢者ケアに携わる未来の医療・介護の専門職に対して、高齢者の排泄ケアにおける専門職の役割や知識を基本からお伝えしています。
実施風景
実施風景
実施風景

「ベビー用紙おむつ定額制サービス」を通じた取り組み

現在、保育園で使用している紙おむつの多くは、保護者が登園時に持参しています。そうした中で、子育て世帯と保育士の負担を軽減し、笑顔あふれる育児生活の実現に向け、保育士の人材サービスなどを手掛けるBABY JOB株式会社と提携して保育園向けベビー用紙おむつの定額制サービスを2019年7月より開始しました。

国内外でピンクリボン活動に継続して参加

ピンクリボン活動は、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療に向け世界的に広がっている啓発活動で、当社でも日本や中国、台湾-大中華圏で本活動に協力しています。
日本におけるピンクリボン活動支援は12年目となります。2019年10月に実施された「ピンクリボン スマイルウオーク東京」には社員や家族など、65名が参加し、ピンクリボンのメッセージを伝えました。
ピンクリボン活動を正しく理解してもらうことを目的に、生理用品「ソフィ」のピンクリボン限定パッケージや特設サイトで乳がんの基礎知識、早期発見のためのセルフチェック方法などの情報を提供しています。ピンクリボン限定パッケージの売り上げの一部を、SNSでの「#ソフィピンクの羽根募金」と合わせて関係団体に寄付した他、愛媛県四国中央市で参加した「子育てフェスタ2019」や「紙まつり」などでも募金を呼びかけ、全て関係団体に寄付しました。
また、社員が心身ともにすこやかで生産性の高い活動が行えるように、10月をピンクリボン月間とし、社員にピンクリボンバッジと啓発ブックを配布することで、社員やご家族、身近な人たちの乳がんについて考える機会を提供しています。
健康診断受診促進も積極的に行い、2019年度も受診率100%を達成。女性の乳がん・子宮頸がんへの早期予防対策として、全女性社員(年齢不問)に婦人科検診の受診を必須とし、乳がん・子宮頸がん検診費用も会社負担で実施しています。
台湾-大中華圏の現地法人では、2019年5月に台湾癌症基金会「Pink Ribbon Walk Event」に協賛しました。今年で8回目の協賛となる本イベントには、社員とその家族30名が参加し、乳がん検診の重要性を呼びかけました。中国の現地法人では、2019年11月にマカオで行われた乳がん啓発のためのランニングイベント「ピンクライン」に協賛しました。

各地でのピンクリボン活動
日本
ピンクリボン スマイルウオーク東京
ピンクリボン限定パッケージ
台湾-大中華圏
Pink Ribbon Walk Event

「ジェンダー平等」に関する企画展示に参加

JICA横浜が主催する、世界中で起こっているジェンダー不平等の問題や、それに向けたさまざまな取り組みを写真や映像で振り返りながら考える「いまさらきけない、ジェンダー平等って!?」の企画展示に参加し、ミャンマー政府、公益財団法人ジョイセフと協力して行った、ミャンマーでの初潮教育について紹介しました。

子どもの未来のために、ちょっとよいことをお客様と一緒に考え、活動する取り組み

当社は、おむつの表面シートにオーガニックコットンを配合した「ナチュラルムーニー」を通して、豊島株式会社が展開する「オーガビッツ(ORGABITS)プロジェクト」に賛同し、協賛しました。「オーガビッツ(ORGABITS)プロジェクト」は、オーガニックコットンを通して、みんなで“ちょっと(bits)”ずつ地球環境に貢献しようという想いから始まったプロジェクトです。農薬を使わずに栽培したオーガニックコットンを使う人が増えることで、栽培量が増え、オーガニックコットンの畑が増えることで、地球環境がよくなり、未来の子どもたちが笑顔になる本取り組みに協賛しています。
対象の「ナチュラルムーニー」1箱につき一部の金額が、豊島株式会社を通して、ピースバイピースコットンプロジェクト(一般財団法人 PEACE BY PEACE COTTON)に寄付され、集まった寄付金はインドのオーガニックコットン農家支援、オーガニックコットン普及支援、オーガニックコットン農家の子どもたちの就学支援のために役立てられます。

保護犬、保護猫の幸せを願い「Panel for Life(命のパネル)」を応援

全てのペットの幸せを願い、同じ価値の命がお互いに支え合う社会の実現を目指し活動する一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルが取り組む、「Panel for Life(命のパネル)」を応援するキャンペーンを、2019年10月より実施しました。「Panel for Life(命のパネル)」とは、等身大の犬猫パネルをさまざまな場所に設置することにより、より多くの方に保護犬・保護猫の存在を知っていただき、新しい家族に迎え入れる機会を提案するプロジェクトです。

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm