CSR・環境CSR・環境トップへ

環境マネジメント

 

基本的な考え方・方針

ユニ・チャーム商品の多くは衛生的な日常生活に欠かせない消費財であり、資源の利用や廃棄物発生など地球環境と密接に関係しています。また、当社は世界中でよりよい商品を提供するためにアジアを中心としてグローバル展開を進めており、環境負荷低減の役割や責任が年々拡大しています。

当社では、企業理念体系(社是・“信念と誓い”と企業行動原則)の考え方に則り、環境基本方針、環境行動指針を制定し、全社員で環境活動に取り組んでいます。私たちが携わる事業活動が環境に与える影響を把握し、持続可能な社会の実現に向けて「環境負荷低減」と「経済性」の“ふたつのエコ”の実現のための取り組みを推進しています。

環境基本方針、環境行動指針

ユニ・チャームグループ環境基本方針

私たちは、未来の世代へ美しい地球を受け継いでいくために、使い捨て商品を取り扱うメーカーとしての責任の大きさを認識し、全ての企業活動を通じて地球環境に配慮したモノづくりを推進します。

世界中の全ての人々のために、快適と感動と喜びを与えるような商品・サービスを提供し、地球環境保全と経済的成長を両立した持続的発展可能な社会の実現に貢献します。

ユニ・チャームグループ 環境行動指針

法規制・ルールを守ろう!
ムダを省こう!
生産性を高めよう!
資源使用量を下げよう!
環境に良いものを選ぼう!
環境問題のことをもっと知ろう!
環境改善の輪を広げよう!

マネジメント体制

当社の環境活動は、消費財を取り扱う企業として、環境活動も重要な品質保証の一部であると考え、社長執行役員が委員長を務めるCSR委員会やグローバル品質保証部を中心に活動を進めてきました。2015年度より、グローバル品質保証部と、企業の社会的責任を遂行するCSR部を統合し、CSR本部として環境活動を推進しています。

各事業所では、ISO14001、ISO9001の統合を進める中で、日常業務プロセスの一部としてゲート管理、KPI管理を行い、PDCAサイクルによる改善を図っています。

2016年に策定した「Eco Plan 2020」を当社の環境重点目標として位置づけ、事業部/事業所の目標として部門から個人の週報へと紐づけて活動しています。

環境マネジメント体制

ISOに基づく環境マネジメント

当社では、環境改善のツールとしてISO14001を導入し、環境マネジメントシステム(EMS)活動に則り、継続的改善を推進しています。

2017年は品質・環境両面での活動をより強化するために、品質・環境のマネジメントシステムを統合し、品質向上と環境負荷低減への活動を強化しました。また、認証取得済みのペットケア各工場に加え認証範囲外のペットケアのマーケティング開発等の部門へ適用範囲を拡大しました。

ユニ・チャームグループのISO9001、ISO14001、ISO13485取得状況
事業所 認証取得の状況
ISO9001 ISO14001 ISO13485
ユニ・チャーム、ユニ・チャームプロダクツ
ユニ・チャーム ペットケア生産本部 伊丹工場
ユニ・チャーム ペットケア生産本部 三重工場
ユニ・チャーム ペットケア生産本部 埼玉工場
ユニ・チャーム国光ノンウーヴン
コスモテック
上海工場
天津工場
江蘇工場
LGUnicharm/工場
台湾工場
タイ工場
ベトナム工場
インドネシア工場
インド工場
オーストラリア事務所
サウジアラビア工場
エジプト工場

環境リスク予防とパフォーマンス向上のための環境監査

当社では、環境リスクの予防と環境パフォーマンスの向上を目的とし、主に3つの環境監査を実施しています。

(1)ISO14001環境マネジメントシステムに基づく定期監査
(2)産業廃棄物適正処理のための委託先現地確認
(3)法規制遵守状況確認など、目的を絞ったフォーカス監査

また、経営監査部が行う業務監査では、環境マネジメントシステムの対象範囲としていない営業拠点などについて、廃棄物処理状況の確認を実施しています。

環境法規制監査の結果

環境法規制上求められる検査やデータの集計および行政提出書類については、2017年も正しく提出されていることを確認しています。環境法規制違反による罰金の発生はありません。また係争中の環境案件もありません。

環境活動テーマの妥当性確認

当社は2016年、投資家やNGOとの意見交換を通じてマテリアリティの特定を行い、2020年をゴールとする中期環境目標として「Eco Plan 2020」を作成しました。「Eco Plan 2020」については、2017年、さらに実効性を高めるために活動内容の見直しを図りました。

ユニ・チャームが特定したマテリアリティ
・水資源の利用
・排水処理・管理状況
・包装材の削減・リサイクル
・気候変動への対応
・サプライヤーとのCO2削減目標
・SDGsとの相関
環境目標の開示
廃棄物の増加・リサイクルの対応
持続可能な原料調達
・有害物質の適正管理
・VOCガス排出
・カーボンフットプリント表示
・廃棄物の適法処理
・環境配慮型商品率
・サイエンスベースターゲットのシナリオ
・サプライヤー選定や評価結果
・サプライヤーとの協働
・推進体制とガバナンス
・工場立地の環境影響調査
・IUCN レッドリストの生物種保護・復元
・NOx・SOxの排出量
・環境法規制の遵守
・非財務情報の精度
・第三者保証の比率
・再生エネルギー目標
Eco Plan 2020
実施項目 2015
実績
2016
実績
2017
目標
2017
実績
判定 2018
目標
2020
目標
①廃棄物の削減 ■使用後紙おむつの回収技術(日本) 技術
構築
自治体着手 試験
運用
実証実験開始 循環
モデル
確立
運用
■製品ロスの資源化(海外) 2千t 2.6千t 2.6千t 2.6千t 3.0千t 4千t
②持続可能な
原料調達
■紙・パルプ調達先第三者保証(日本) 82% 80% 90% 94% 95% 100%
■紙・パルプ調達先第三者保証(海外) - 84% 85% 87% 90% 100%
■パーム油の調達先第三者保証(日本) 0% 調査
開始
現状
把握
把握
完了
実績作り10% 100%
③気候変動への
対策
■環境配慮型商品(日本) 72% 78% 80% 80% 83% 100%
■エコチャーミングマーク商品(日本) 50% 56% 58% 58% 60% 60%
■エコチャーミングマーク商品(海外) 0% 調査 現状
把握
把握
完了
運用
開始
10%
■製造時の2015年比CO2原単位(日本) 基準年 ▲2.4% ▲4% ▲4% ▲6% ▲10%
■製造時の2015年比CO2原単位(海外) 基準年 -- ▲4% ▲3% ▲6% ▲10%
■海外拠点データの収集(売上高比) 73% 77% 78% 81% 83% 80%

① 廃棄物の削減については、2017年に志布志市で実証実験の開始および製造段階で発生する製品ロスを猫の排泄ケア用品に2.6千t/年間転換できたため上記の判定としました。

② 持続可能原料調達については、サプライヤーの協力で紙パルプの持続可能な第三者保証を得た森林原材料調達が計画以上に進捗しました。パーム油については入手ルートの調査と持続可能な第三者保証を入手するための試算ができたため上記の判定としました。

③ 気候変動への対策については、環境配慮型商品/エコチャーミング商品は目標達成しましたが、製造時のCO2排出原単位の海外拠点削減が一部停滞し上記の判定としました。

  • 紙おむつの再資源化に向けた取り組みについては、CSR重要テーマ3をご覧ください

「Eco Plan 2020」策定プロセスにおけるステークホルダー意見交換会の実施

環境活動意見交換会を実施

2017年、世界における環境課題を正しく捉え事業活動に活かしていくため、地球環境問題に関する国際的な研究機関である財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)の研究者3名と、当社のマーケティング、開発、CSRの責任者が当社の今後の環境活動に期待することについて意見交換しました。

IGESからは、当社の「持続可能な原料調達」の取り組みについて、2020年目標に掲げる紙・パルプの調達先第三者認証(国内外)100%取得や、パーム油の調達先第三者認証(日本)100%取得について、非常に高い目標を掲げている、と評価をいただきました。持続可能な原料の確保に関して当社からは、FSCなどはコストも含めて確保が難しいとお伝えしたところ、最近では森林が気候変動の緩和策として捉えられ「森林に関するニューヨーク宣言」が出されるなど、森林認証の価値が高まってきているため、原料確保という意味合いでも早い段階で取り組んでいくことの重要性を指摘いただきました。

IGESからは、「気候変動への対策」について、パリ協定が決まったことで機運も高まってきている中、CDPも企業に求めるハードルを上げてきているとした上で、CSR部門が世界の動きをキャッチして事業部門や財務部門とコミュニケーションしていかなくてはならないし、温暖化が進むことで進出している国のGDPにも影響が出るとの予測もある中、当社の経営にも影響が出てくる可能性があることを指摘いただきました。気候変動問題を議論するときに、業種業態を超えて、いろいろな人と手を取り合っていかないといけないと感じたという意見が当社側から出るなど、気候変動対策の重要性を再認識しました。

  • ※2014年、国連気候変動サミットにおいて、気候変動対策における森林の重要性を確認し、企業、市民、NGO、政府などさまざまなステークホルダーが協力して取り組むことを誓約した宣言
IGES柴岡 隆行氏(ビジネスTF 研究員)
IGES鮫島 弘光 氏(自然資源・生態系サービス領域リサーチM、理学博士 写真左)、
山ノ下 麻木乃 氏(自然資源・生態系サービス領域リサーチM、人間科学博士)
WWFジャパン
自然保護室 室長
東海 貞義 氏
WWFジャパン
自然保護室
気候変動・エネルギーグループ
プロジェクトリーダー
池原 庸介 氏(奥)

他にも、中期環境目標「Eco Plan 2020」策定の過程で、世界における環境課題を正しく捉え事業活動に活かしていくため、グローバルな環境保全団体であるWWFジャパンを訪問し、ユニ・チャームグループの今後の環境活動に期待することについて意見を交わしました。

WWFからは「気候変動への対策」については、一社のみで実現できるレベルの課題ではなく、各企業がそれぞれに長期に「脱炭素社会」に向けた高い目標を掲げ実現を目指す過程で、新たなイノベーションが生まれ、社会全体が協働して取り組むという発想が促される、とのご意見をいただきました。また、「持続可能な原料調達」においては、「紙・パルプ、パーム油の第三者認証材の調達100%」について、非常に高い目標を設定していると評価いただきました。「Eco Plan 2020」完遂に至るまでのステップを段階的に・具体的に設定し公開することで進捗が管理しやすくなるとともに、今後の2030年・2050年における長期の目標を早い段階で示すことによって、バリューチェーンを通じた意識啓発やイノベーションを促すべきとのご意見もいただきました。

ライフサイクル全体で見るエネルギー・マテリアルフロー

排出物のリサイクル率

当社は、消費財メーカーとして事業活動のさまざまな場面で資源を利用しています。資源を利用し、事業活動を行うメーカーの責任として、資材調達から製造、輸送、使用後の廃棄に至るサプライチェーンの各事業活動を通じて、環境改善を推進しています。

また、日本主要生産拠点の排出物については21,010 tonであり、99%以上がリサイクルされました。

ライフサイクルで見るエネルギー・マテリアルフロー

第三者保証

非財務情報の信頼性を高めるため、PwCサステナビリティ合同会社によるISAE3000/3410に基づく第三者保証を受けています。

  • 上図において第三者保証当該箇所には☑マークを記載しました。
  • 第三者保証については、こちらをご覧ください
  • 第三者保証を受けているサイト:(売上高比率81%)
  • 日本国内全事業所(但し本社事業所と営業所とユニ・チャームメンリッケは燃料、電気、CO2のみ)
  • ユニ・チャーム(本社事業所、営業所、開発、伊丹工場、三重工場、埼玉工場)
  • ユニ・チャームプロダクツ(福島工場、静岡工場、四国工場)
  • ユニ・チャーム国光ノンウーヴン(第1製造グループ、第2製造グループ)ユニ・チャームメンリッケ、ユニ・ケアー、ペパーレット、金生プロダクツ
  • 海外製造拠点(製造事業所のみ)
  • 中国:ユニ・チャーム生活用品有限会社(上海工場、天津工場、江蘇工場)、ユニ・チャームノンウーブン天津、ユニ・チャーム包装資材天津
    インドネシア:ユニ・チャームインドネシア(カラワン工場、スラバヤ工場)、ユニ・チャームノンウーブンインドネシア
    タイ:ユニ・チャームタイランド(バンコク工場)
    インド:ユニ・チャームインディア(ニムラナ工場)
    台湾:ユニ・チャーム嬌聯有限会社(竹南工場)
    ベトナム:ダイアナユニ・チャーム(バクニン工場)
  • ※期中に売却したベトナムのティッシュ工場については2017年1月~8月分の実績を含みます。
  • 方針・基準:「エネルギーの使用の合理化に関する法律」「地球温暖化対策の推進に関する法律」「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」等に準拠し、環境情報管理に関する社内規定に基づき集計しています。
  • 注意事項:
    1. CO2の排出量は日本国内分は省エネ法・温対法2016年排出係数に基づく算定、海外分についてはGHGプロトコルVer4.8に基づく算定を行っています。(中国 0.734、インドネシア0.809、タイ0.500、インド0.926、台湾0.8、ベトナム0.351)
      輸送については日本国内のみ集計しています
    2. 排出物には、産業廃棄物、事業系一般廃棄物、有価取引物を含みます
    3. 敷地内排出物のサーマルリサイクルについては、福島工場での焼却炉の稼働状況から推計した値を採用しています
 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm