先輩ママの

アイディア&応援メッセージ

おまるやトイレに興味を持ってもらう

リオママさん(神奈川県)

アイディア

息子は今トレーニング中ですが、個室がダメらしくトイレ嫌いなのでおまるを使っています。そのおまるに、油性ペンで息子に絵を書かせたら大喜び♪トイレの壁や戸に紙を張り、ペンを用意して落書きできるようにしたら、怖がらず楽しそうにトイレに行くようになりました。まだまだ時間がかかりそうですがこれで順調にいきそうです。

応援メッセージ

同じ時期に同じトレーニングをしている親子がいっぱいいるので焦らずのんびりやってあげてください。私たち親子も初めてもう2ヶ月、、、まだまだ先は長そうです。

さっちゃんさん(北海道)

アイディア

自分がトイレに行くたびに「ママおしっこするね」と言って、毎回トイレのドアを開けっ放しにして様子を自然にみせる。無理に連れて行ったりしないで、自然に意識されるのがポイント!トイレのドア(半分開いている)をトントンして「今おしっこ中でーす」の遊びから初めて、トイレットペーパーを流すのも遊び感覚でトイレを楽しい場所だと印象づけました。

応援メッセージ

トイレトレーニングは一生懸命にならなくてもいいし、根気も必要ありませんよ♪お子さんと楽しむ気持ちで、いつかはずれるのを楽しみましょう。

モコシンママさん(香川県)

アイディア

好きなキャラの人形を使って「○○(キャラの名前)がトイレに行きたいって!××ちゃん(子の名前)連れて行ってあげてね」と言って、トイレまで来させる。そして、そのオモチャがオシッコする真似を見せる。「次は××ちゃんもしてみようか?」と促すと、喜んで座ってくれる。出なくても座ってくれたら、シール1個、出た時はシール3個などとルールを決め、貼らせてやると、子供なりに目標ができて、一層ヤル気になってくれる。

応援メッセージ

みんな通る道だし、ハズれない子は絶対いない!早く取れたからどうということもないから、他人と比べたりしない!(自慢する人はそこらじゅうにいるけどね・・・)その子の適齢期というものがあるので、マイペースを貫く!とはいえ、失敗したらイライラするし、遅けりゃ落ち込むけど、後になってみれば、ほんの一瞬の出来事。そんなちっぽけなことで、その子の価値が決まる訳じゃない!自信を持って、堂々と、わが子に愛情をかけてやれるママになってほしい!ガンバレ!

めるねさん(愛媛県)

アイディア

おしっこ・うんちのオリジナルソングを作って、ママがトイレの時も歌って、トイレに行く機会をいっぱい作る!!踊りつきもいいですよ!

応援メッセージ

イライラするとは思いますが、その子なりのペースでいけば、必ずおむつは外れます!焦れば焦るほど、子供も嫌がりますから。

ひっけさん(東京都)

アイディア

トイレでおしっこをしたら、子供の好きなおもちゃを使って楽しく歌を歌ってあげました。歌は適当にオリジナルソングを作って「おしっこが出たぞ出たぞ・・・♪」みたいに。

応援メッセージ

ついつい一生懸命になりすぎてイライラしちゃうけれど、よっぽどでない限り小学校までには取れるはず。ながーい目で見て、楽しい雰囲気つくりをして子供と余裕の気持ちで頑張って。あまりガミガミ言うと逆にお漏らしが増えたりするよ。

けいけいゆうゆうさん(埼玉県)

アイディア

トイレ関係の絵本、DVDを見せました。トイレにはトレパンマンのトイレトレーニングポスターをプリントアウトして貼っていました。おしっこができたらシール、うんちの時はご褒美に飴をあげていました。

応援メッセージ

すぐにオムツがとれる子、一進一退を繰り返しながらとれる子、それぞれ個性がありますが、受け止めてあげて下さい。つらい時は一緒に泣いてもいいんだ、くらいな気持ちで(怒ると逆効果ですが)。いつかは必ずとれるものです!!頑張って!!

チャームドさん(福岡県)

アイディア

とりあえず、トイレにシールを置きました。トイレ自体は嫌いじゃないみたいだけど、行くのを渋っていたので、トイレでできたら、シールを一枚貼るようにしました。本人も、シールを貼る位置などをいろいろ考えているみたいで、楽しそうです。あと、すんなり行きたがらないときは、「おまる様に、お散歩行ってきますって、言いに行こう」とか言って、おまるや、トイレと会話をさせるようにしたら、結構楽しそうに行ってくれます。

応援メッセージ

個人差が大きいものだと、思っています。 自分があせると、子どももストレスになってしまいます。 うちの子は、主人があまりにも「トイレ、トイレ」と言うので、30分おきにトイレに行くことになって、そのたびにおしっこをしていました。(たぶん、ストレス性のものだと思う。) だから、ママやパパがあせらないことが大切みたい。

ガーデンママさん(広島県)

アイディア

自分がトイレに行く時に付いてきたときは、トイレットペーパーを取るのを手伝わせたり、水を流すのは子供にさせたりしました。それと『トイレくん』と名前をつけて、トイレ掃除のときは「トイレくんいつもありがとう。きれいになって気持ちいいでしょ」トイレに行く時は「トイレくんに会いに行こう」など親しみを持てるようにしていました。

応援メッセージ

小学校に入ってもオムツをしている子はいない!必ずいつかは取れるんだ!!

キョンママさん(神奈川県)

アイディア

便器の中にはトイレ王国があっておしっこやうんちはトイレの国でまっているパパとママの元に帰りたいのだという物語を作りました。「おしっこ君とウンチ君を早くトイレ王国に返してあげよう!」といってトイレに誘い、トイレでした後おしっこ君・ウンチ君を両親に会わせてあげられる喜びに息子はニコニコです(笑)

応援メッセージ

トイレトレーニングをオムツをはずすだけと思っている方が多いようですがそれは違います!はずしただけでは終わりませんよ!小学校入学までにウンチが自分で拭けるようになるかならないかの世界です。何年もかかるのが当然なので気長にやっていきましょう!

ルディーくん(東京都)

アイディア

わが家は子供の好きなシールを買って、トイレにカレンダーを貼りました。おしっこがちゃんとトイレで出来た日にシールを貼らせてあげます。うんちのときは、大きくてキラキラしたシールにしました。子供もいっぱいシールを貼った日とない日が分かるし、今日はまだ貼ってないねというと、「トイレトイレ」と言ったりしましたよ。シールは子供に選んでもらいました。

応援メッセージ

まだ我が家も100%じゃありませんが、気長に子供と向き合うのが吉(^_^)v

いぶママさん(愛媛県)

アイディア

駄菓子屋さんにあるようなくじ引きとシールを貼れる画用紙を飾り、「うんちができたらくじ引き1回、おしっこができたらシールを1枚貼れるよ!」と言ってトイレに誘います。くじ引きしたさに便器に座ってくれるようになります!うんちができなくてもトイレで頑張ったご褒美に時々くじ引きさせてあげます。子供は大喜びです。衛生上食べ物のくじ引きはアウトなので消しゴムのくじ引きとかがお奨めです。

応援メッセージ

汚れたパンツを洗うのも大変だけどトレーニング終了まではあっという間です。色んなアイデアを試して子供と一緒にがんばってください!!

ぽちたまさん(広島県)

アイディア

スケッチブックサイズの画用紙にテレビ番組のキャラクターを描いて、便器のフタやペーパーホルダーに貼りました。また、ポイントシール制にして、トイレ成功5回ごとにどれでも好きなキャンディーをひとつ子供にあげたら、真剣に行きたがるようになりました。

応援メッセージ

いつかは取れるもの。あまりむきにならずにお菓子やキャラクターを上手に使ってでも楽しんでください。

りほこさん(埼玉県)

アイディア

大きな段ボールで屋根無しのお部屋を作りその中におまるを置き、子供のお気に入りのキャラクターがトイレで頑張ってる絵を書いたり、シールを貼ったり子供専用の個室を作りました。屋根が無いので、上から覗いて様子も見れたし、ドアを作ってくぐらせたりお部屋遊びもかねてました。

応援メッセージ

トイレトレでなに焦ってたんだろうと、いつかは笑える日が来るから、「ママ頑張れー」と自分を応援してみて。

かやんさん(神奈川県)

アイディア

うちの子供の場合は、いろいろとトイレにキャラクターのポスターなど飾ると気が散って逆に遊びに入ってしまうので、何も飾らず親(私)が即興で作った「おしっこの唄」などを一緒に歌ったりして、気分をおしっこに集中させました。

応援メッセージ

我が家の子供は、なんと4歳までおむつが取れませんでした。その時は、自分の子育ての仕方が間違っているのではないか??なぜうちの子だけが??っとかなり落ち込んだ時もありました。でも、最後の方は、なるようになる!っという長い目で見守りました。他の子供と比べたくなるのですが・・・・そこはグッと見ないように、比べないようにしてほしいです。

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm