はじめてさんによくある質問から、タンポンユーザーさんのトラブル解決まで!

使用にあたって
Q. 初めてでもちゃんと使える?

A. 初めてでも、商品に添付されている説明書を読めば、正しく使えます。説明書は必ずお読みください。慣れていないうちは経血量が多い日に使うと、入れやすいでしょう。経血によってすべりがよくなります。
ソフィ ソフトタンポンなら、吸収体を身体の中にみちびく「アプリケーター」が付いているから、挿入がスムースです。

 

‣タンポン使い方ガイドを見る

Q. 何歳から使えるの?

A. 初めてでも、初経を迎えたときから使用できますが、月経が順調にくるようになってからというのが目安です。お子様が最初にお使いのときは、お母様や養護の先生が指導してあげてください。

Q. どんなときに使うといいの?

A. 月経中ならいつでも使えます。※産後8週間迄と出産後初めての生理時は使用をお控えください。
‣こんなときにタンポン!を見る

Q. 生理日以外にも使っていい?

A. タンポンは経血を吸収するためのものです。生理のとき以外は使わないでください。※おりものは多量の経血がでる生理時とは異なり水分が少なく、膣壁を傷つける恐れがありますので、タンポンでの処理はおすすめできません。おりものが気になるときは、パンティライナーをおすすめします。

Q. どんなタンポンを選ぶといい?

A. 吸収体を身体の中にみちびくプラスチックの「アプリケーター」付きのタンポンをおすすめします。タイプは「ライト(少ない日用)」「レギュラー(普通の日用)」「スーパー(多い日用)」「スーパープラス(特に多い日用)」です。経血量に合わせてお選びください。

‣おすすめタンポンを見る

挿入するとき
Q. 入れるとき、痛くないの?

A. ソフィ ソフトタンポンには吸収体を身体の中にみちびくプラスチックの「アプリケーター」が付いているから、挿入の時も痛みはありません。

また、タンポンは、身体の中の正しい位置に入れると使用中も痛みや違和感なく、快適に過ごすことができます。挿入するときには入れやすい中腰の姿勢を取り、身体の力を抜いてリラックスしましょう。緊張するとまわりの筋肉が硬直し、挿入しにくさや痛みを感じることがあります。
‣「痛み・違和感はないの?」みんなの体験談を見る

Q. 身体に傷がついたりしない?

A. 十分なテストをした上、人間工学的設計のもとに安全なアプリケーターをつくりました。先が丸くてスムース・インなので体を傷つける心配はありません。

Q. 衛生面でも安心なの?

A. タンポンは、滅菌処理をして個包装しているので衛生的につくられています。清潔な場所に保管し、使用のときは手指を清潔にし無用にタンポンやアプリケーターに触れないことが大切です。

Q. 奥まで入りすぎたりしない?

A. 膣の奥にある子宮の入口は、直径約2~3mmなので、直径1cm程度あるタンポンが入ることはありません。※出産後半年以内の方は、子宮口が開放している場合がありますので、挿入の目安より奥へ挿入しないでください。
‣タンポンってどんなもの?どこに入れるの?を見る

使っているとき
Q. 動いても抜けないの?

A. 正しい位置に入れたタンポンは膣の壁でしっかりと包まれているので、アクティブに動いたとしても自然に抜けてしまうことはありません。万一、挿入位置が浅い場合、腹圧などで出てしまう可能性はあります。

Q. 痛みや違和感はないの?

A. タンポンは、身体の中の正しい位置に入れると痛みや違和感もなく、快適に過ごすことができます。正しく挿入して、膣の奥の「無感覚ゾーン」まできちんと入っていれば、使用中も痛みや違和感はありません。痛みや違和感を感じる場合には、タンポンを正しい位置に挿入できていない可能性があります。

 

‣タンポン使い方ガイドを見る

Q. どのくらいの時間使えるの?

A. タンポンの使用時間は4~8時間が目安です。個人差もあるので、経血量に合わせてこまめに取り替えてください。※1回のタンポンの使用は8時間を超えないでください。

Q. ヒモは切っても大丈夫?

A. タンポンはヒモを引っ張って取り出しますので、ヒモを切ってしまうと取り出せなくなる危険があります。絶対に切らないでください。

取り出すとき
Q. 引っ張ってヒモが切れたりしない?

A. タンポンのヒモは何本もの糸をより合わせ丈夫につくられています。また、そのヒモはミシンを使って吸収体に強固に縫い付けているので、取り出すときにひっぱっても、切れたり抜けたりすることはありません。
※念のため、使用前には必ずヒモを引っ張って切れないこと、ぬけないことをチェックしてください。
‣タンポン使い方ガイドを見る

Q. 抜けなくなったり、中に残ってしまうことはないの?

A. 緊張して身体に力が入っていたり、経血量が少なかったりするときは、抜けにくく感じる場合があります。取り出す際は、身体の力を抜いて息を吐きながら、ヒモを斜め前にゆっくり引き出してください。
※ごく稀に、一部の繊維が膣内に残る場合もありますが、それも膣の自浄作用により排出されるため健康被害等はありません。

後処理・保存方法
Q. 使った後はトイレに流せるの?

A. トイレには流せません!アプリケーターや個包装、吸収体は、トイレに備え付けのサニタリーボックスなどに捨ててください。

Q. 燃えるごみに出しても大丈夫?

A. アプリケーター、フィンガーベール等のプラスチックは、お住まいの自治体の指示に従って処理してください。箱等、紙のものは可燃ゴミとして処理してください。衛生的に処理するには紙等に包んでゴミとして処理するのがマナーです。

Q. 使用期限はあるの?

A. 使用期限は設定していません。保管状況にもよりますが、未開封の場合は5年を目安にお使いください。滅菌済製品ですが、開封している場合は早めにお使いください。万一、個包装が破損している場合は、使用しないでください。

Q. タンポンの保管方法は?

A. タンポンは水漏れ、温度や湿度の高いところ、直射日光をさけて、箱に入れて衛生的に保管してください。湿気の多い所に長時間置くと、吸収体が湿気を吸って膨張し、挿入しにくくなる可能性があります。直射日光のあたる所に長時間置くと、アプリケーターが劣化して破損し、使用時に怪我をする可能性があります。
また、香料、薬品、洗剤などと一緒に保管しないでください。商品に添付されている取扱説明書も必ず一緒に保管しておいてください。持ち歩く場合は、アプリケーターが変形するおそれがありますので、箱のままお持ちください。

これってホント?
Q. タンポンで処女膜が破れることってあるの?

A. 処女膜とは膜ではなく、膣口にある伸縮性にとんだ粘膜のヒダのこと。ヒダの中央には直径2cm程の開口部があり、直径1cm程度のタンポンを入れてもヒダを傷つけたり、膣を大きく広げる心配はありません。

Q. タンポンが子宮まで入ってしまうことってある?

A. 膣の奥にある子宮の入口は、直径約2~3mmなので、直径1cm程度あるタンポンが入ることはありません。※出産後半年以内の方は、子宮口が開放している場合がありますので、挿入の目安より奥へ挿入しないでください。産後8週間迄と出産後初めての生理時は使用をお控えください。

Q. タンポンを使うと腫瘍系の病気になりやすいってほんと?

A. 正しい使用方法を守ってお使いいただければ、タンポンによって腫瘍系の病気になりやすいということはありません。
‣タンポン使い方ガイドを見る
‣使用上の注意を見る

Q. タンポンが体に吸収されてしまうことがあるってほんと?

A. タンポンの吸収体に使われている繊維が身体に吸収されることはありません。
※ごく稀に、一部の繊維が膣内に残る場合もありますが、それも膣内の自浄作用により排出されるため、健康被害等はありません。

Q. タンポンを使うと赤ちゃんができにくくなる?

A. 正しい使用方法を守ってお使いいただければ、タンポンによって不妊になりやすいということはありません。
‣タンポン使い方ガイドを見る
‣使用上の注意を見る

Q. トイレで力むとタンポンが勝手に抜ける?

A. 正しい位置に入れたタンポンは膣の壁でしっかりと包まれているので、抜けることはありません。万一、挿入位置が浅い場合等に腹圧で出てしまう可能性はあります。

タンポンNaviトップ タンポン使い方ガイド みんなの声 大調査 みんなのタンポンQ&A こんなときにタンポン タンポンってどんなもの? ご使用になる前に(TSSについて)

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm