1. トップページ
  2. 季節のコットンスキンケア
  3. 夏も終盤!うっかり日焼け肌にアプローチ!うるうる美白肌を目指すためのスキンケア

Vol10 Aug 無料スキンケアレッスンへご招待!詳しくはページ最下部をCheck 夏も終盤!うっかり日焼け肌にアプローチ!うるうる美白肌を目指すためのスキンケア Vol10 Aug 無料スキンケアレッスンへご招待!詳しくはページ最下部をCheck 夏も終盤!うっかり日焼け肌にアプローチ!うるうる美白肌を目指すためのスキンケア

8月8日(火)開催 スキンケアレッスンを終えて・・・ 8月8日(火)開催 スキンケアレッスンを終えて・・・

そろそろ夏も終盤に向かいますが、今のあなたの肌状態はどんな感じでしょうか。
どんなに紫外線対策をしていても、うっかり日焼けをしてしまった方もいるのでは?
そこで、うっかり日焼けをしてしまったとしても、肌にシミを残さないためにできる美白ケアレッスンを開催しました。

8月8日(火)に市ヶ谷にあるカフェにて うるうる美白肌を目指すためのスキンケアを開催しました。 8月8日(火)に市ヶ谷にあるカフェにて うるうる美白肌を目指すためのスキンケアを開催しました。

夏が終わるにつれて、鏡に映る自分の黒く焼けてしまった肌を見て落ち込んでいませんか? どんなに紫外線対策をしても、紫外線UVAはガラスさえも通すほどなので夏という季節のある日本に住んでいる私たちにはどうしようもないこと。でも焼けてしまったからといってあきらめる必要はありません。 白い肌を取り戻すためにあれもこれもとヤッキになって、間違った美白ケアをしないでくださいね。 日焼けした肌はデリケートな状態になっているので、間違った美白ケアは肌に負担をかけてしまいます。 今回のレッスンでは、前半で日焼け肌の状態を理解した上で行うべき美白ケアを紹介し、後半では肌に負担のかからないスキンケアの仕方を実践形式で行いました。

日焼け直後の肌ってどんな状態?? 日焼け直後の肌ってどんな状態??

水分を奪われ‥ カラカラ 夏の気温により肌の水分も蒸発

紫外線に晒され ヒリヒリ 長時間紫外線に晒されることでヤケドのような状態

バリア機能が低下したデリケート状態!!! デリケート日焼け後肌の美白ケア バリア機能が低下したデリケート状態!!! デリケート日焼け後肌の美白ケア

正しい美白ケア1 日焼け直後のヒリヒリ肌ではむやみにケアをしないこと 熱をもっている状態なのでコットンパックで冷やしてあげましょう。 正しい美白ケア1 日焼け直後のヒリヒリ肌ではむやみにケアをしないこと 熱をもっている状態なのでコットンパックで冷やしてあげましょう。

正しい美白ケア2 三日でシミの原因となるメラニンが生成されるので、過剰なメラニンの生成を抑制、または排出する美白成分を必ず取り入れること。 正しい美白ケア2 三日でシミの原因となるメラニンが生成されるので、過剰なメラニンの生成を抑制、または排出する美白成分を必ず取り入れること。

正しい美白ケア3 保湿ケアで肌状態を整える 紫外線は肌の水分を奪うので、結果的にターンオーバーを遅らせる原因にもなります。ターンオーバーが乱れることで、メラニンが肌内に残り、蓄積することでシミの原因になってしまいます。そこでコットンパックでたっぷり潤いを肌に届けてあげましょう。 正しい美白ケア3 保湿ケアで肌状態を整える 紫外線は肌の水分を奪うので、結果的にターンオーバーを遅らせる原因にもなります。ターンオーバーが乱れることで、メラニンが肌内に残り、蓄積することでシミの原因になってしまいます。そこでコットンパックでたっぷり潤いを肌に届けてあげましょう。

正しい美白ケア4 日焼けで角質肥厚を感じたらリセットの習慣を 日焼けをしてから肌質が堅くなったまたはくすんだと思う方は、もしかしたら角質が厚くなっているかもしれません。そこでふきとりコットンで、表面をリセットするようにしましょう。 正しい美白ケア4 日焼けで角質肥厚を感じたらリセットの習慣を 日焼けをしてから肌質が堅くなったまたはくすんだと思う方は、もしかしたら角質が厚くなっているかもしれません。そこでふきとりコットンで、表面をリセットするようにしましょう。

後半では、実際にうっかり日焼け後の美白ケアを紹介しながらみなさまで、スキンケアの実践をしました 後半では、実際にうっかり日焼け後の美白ケアを紹介しながらみなさまで、スキンケアの実践をしました

ターンオーバーを整えるための拭き取りケア 紫外線によって乱れた肌表面の角質は毛穴のつまりや顔全体を暗くするので、ふきとりコットンで紫外線による
角質肥厚を防ぐためにリセットの習慣を身につけてほしいです。またデリケートになっている肌のことを考えて肌が動かないくらいに優しい力でふきとりをしましょう! ターンオーバーを整えるための拭き取りケア 紫外線によって乱れた肌表面の角質は毛穴のつまりや顔全体を暗くするので、ふきとりコットンで紫外線による
角質肥厚を防ぐためにリセットの習慣を身につけてほしいです。またデリケートになっている肌のことを考えて肌が動かないくらいに優しい力でふきとりをしましょう!

カラカラ・ジリジリの肌のために冷やす・潤すのケアを 紫外線によって肌は熱をもち、さらには水分が不足しているのでしっかり熱を取り除くために化粧水を染み込ませたコットンでパックをしたり、スキンケアの最後にパッティングを取り入れるようにしてください。 カラカラ・ジリジリの肌のために冷やす・潤すのケアを 紫外線によって肌は熱をもち、さらには水分が不足しているのでしっかり熱を取り除くために化粧水を染み込ませたコットンでパックをしたり、スキンケアの最後にパッティングを取り入れるようにしてください。

今回は美白がテーマでした。レッスン参加者の中には、一年中美白ケアをしているという方も。それでも冬に比べるとかすかに日焼けしてしまったという声もありました。普通に日常生活を送っている限り、どうしてもうっかり日焼けをしてしまうこともありますよね。
そこで、日焼けをしてしまったときのために、後半では参加者同士でペアになってもらい、ふき取りコットンを使って肌表面の角質ケアを行いました。さらに、帰ってからすぐに取り入れてもらえるように、うるうるコットンを使ったパッティングケアのデモンストレーションも行いました。コットンを使ったスキンケアは、他の人の肌に触れる時のように優しい力でケアを行うことがコツです。今回のレッスンでは、実際の力加減を体感していただけたかと思います。

レッスン参加者の声 レッスン参加者の声

言葉だけでなく実際に体験してみるのが一番!あなたも#コットンスキンケアを学んでみませんか?

文恵のセルフ美容道 夏になると、消毒したタッパーに化粧水を入れてうるうるコットンを浸し、冷蔵庫にIN♡毎朝のスキンケアの最後に、うるおいを閉じ込めるためのパッティング用に使っています。その他にも「今日は焼けちゃったな~」と思ったり、日焼けしてやや肌に赤みがあった日の夜にお肌をリセットするため使うのもオススメ。冷えたコットンでパッティングをすることで、毛穴を刺激し、日中の化粧もちも良くなるので、是非みなさまも取り入れてみてくださいね♩ 文恵のセルフ美容道 夏になると、消毒したタッパーに化粧水を入れてうるうるコットンを浸し、冷蔵庫にIN♡毎朝のスキンケアの最後に、うるおいを閉じ込めるためのパッティング用に使っています。その他にも「今日は焼けちゃったな~」と思ったり、日焼けしてやや肌に赤みがあった日の夜にお肌をリセットするため使うのもオススメ。冷えたコットンでパッティングをすることで、毛穴を刺激し、日中の化粧もちも良くなるので、是非みなさまも取り入れてみてくださいね♩

次回レッスン9月6日(水)の予定です

レッスンのテーマ 今さら聞けない! 美肌の基本知識なども レッスンのテーマ 残暑をあなどるな!夏の肌疲れをリセットするためのスキンケアレッスン

日時:9月6日(水)19:00~20:00迄 場所:Lowp KITCHEN(東京/市ヶ谷) 参加費:抽選で10名様を無料招待 応募締切:8月29日(火)23:59迄

応募はこちらから

日中美容研究家 濱田文恵先生プロフィール

自身の人生を変えた「美容」に魅了され、今では内外問わずトータルで美容に関する専門資格を13種類取得。現在は美容業界に携わる中で感じた「女性は”ほんの小さなきっかけ”でどこまでも輝ける」という実体験から、女性が自分自身で綺麗になるためのセルフ美容レッスンを開催。
その他、各美容メディアにて連載記事の執筆やセミナー講師までマルチに活躍中。

【LINEオフィシャルブログ】http://lineblog.me/hamadafumie/
【公式ホームページ】http://linome.com

取得資格一例

  • LBM認定美浄化スキンアドバイザー
  • JPM認定コスメサロネーゼ®
  • 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ
  • 日本化粧品協会認定コスメプランナー
  • 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュインストラクター
  • 女性ホルモンバランスプランナー

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm