1. トップページ
  2. 季節のコットンスキンケア
  3. 本格化する紫外線の前に!間違った美白ケアに喝ッ

紫外線知識をおさらい!間違った美白ケアは本末転倒 本格化する紫外線の前に!間違った美白ケアに喝ッ 紫外線知識をおさらい!間違った美白ケアは本末転倒 本格化する紫外線の前に!間違った美白ケアに喝ッ

6月9日(金)開催 スキンケアレッスンを終えて… 6月9日(金)開催 スキンケアレッスンを終えて…

夏といえば、気温の上昇とともに日焼けが気になってくる季節。
きちんと対策をしなければ、美肌を阻害するシミを作ってしまうかもしれません!
そこで、本格化する紫外線の前に、誰よりも一足先に美白ケアを始めましょう。

6月9日(金)に市ヶ谷にあるカフェにて本格化する紫外線の前に!一足先に美白肌作りレッスンを開催しました。 6月9日(金)に市ヶ谷にあるカフェにて本格化する紫外線の前に!一足先に美白肌作りレッスンを開催しました。

夏になると、いよいよ本格的に紫外線が降り注ぎ始めます。
黒くなるだけならまだいいのですが、日焼け前も後も正しいと紫外線対策と美白ケアをしなければ、
肌に褐色のシミを残してしまいます。一度シミができてしまってからの美白ケアは時間もお金も掛ってしまいます。
そこで、レッスンでは前半で正しいスキンケアを行うために必要な紫外線についての知識を深め、後半では、毎回好評をいただいているデモンストレーションを行い、参加者の皆さまで実践しました。

美白肌を目指すための守りケア 美白肌を目指すための守りケア

シミを防ぐために事前にできる代表的なケアといえば「日焼け対策」 とはいえ、みなさまは正しく自分に合ったアイテム選びをしていますか? 要チェック!肌に負担をかけない日焼け止めアイテムを選ぶために・・・ シミを防ぐために事前にできる代表的なケアといえば「日焼け対策」 とはいえ、みなさまは正しく自分に合ったアイテム選びをしていますか? 要チェック!肌に負担をかけない日焼け止めアイテムを選ぶために・・・

よく耳にするメラニンって? 日焼けすると私たちの肌の基底細胞にあるメラノサイトからメラニンが生成されます。生成されたメラニンは、紫外線による攻撃から、私たちの細胞を守ってくれます。つまり、一般的にシミのもととされるメラニンはわたしたちにとっては必要な存在なのです、しかし、メラノサイトには作ったメラニンを貯めておく機能がありません。そのためシミとはこの過剰に生成されたメラニンを上手にターンオーバーできずに肌に残ってしまったものと言えるわけです。 よく耳にするメラニンって? 日焼けすると私たちの肌の基底細胞にあるメラノサイトからメラニンが生成されます。生成されたメラニンは、紫外線による攻撃から、私たちの細胞を守ってくれます。つまり、一般的にシミのもととされるメラニンはわたしたちにとっては必要な存在なのです、しかし、メラノサイトには作ったメラニンを貯めておく機能がありません。そのためシミとはこの過剰に生成されたメラニンを上手にターンオーバーできずに肌に残ってしまったものと言えるわけです。

UAVとUVBの違い 私たちが気をつけたい紫外線には、UVAとUVBの2種類があります。UVA(ultravioletA)とは「普段の生活で浴びる紫外線」で肌を徐々に黒くしていきます。UVB(ultravioletB)とは「 海やプールに行った際に、長時間外で太陽を浴びること」で、肌が赤くなりヒリヒリと炎症を伴う紫外線のことです。いずれも多く浴びることで過剰なメラニンを生成してしまい、最悪な場合には肌にシミを作ってしまいます。 UAVとUVBの違い 私たちが気をつけたい紫外線には、UVAとUVBの2種類があります。UVA(ultravioletA)とは「普段の生活で浴びる紫外線」で肌を徐々に黒くしていきます。UVB(ultravioletB)とは「 海やプールに行った際に、長時間外で太陽を浴びること」で、肌が赤くなりヒリヒリと炎症を伴う紫外線のことです。いずれも多く浴びることで過剰なメラニンを生成してしまい、最悪な場合には肌にシミを作ってしまいます。

SPFとPAの読み方 SPF(Sun Protection Factor)とは、UVBを浴びてから肌が赤く炎症を起こしてしまうまでの時間をどれだけ長くのばせるかの目安となります。 例:SPF30の場合 20分 × SPF30 = 600分 (=10時間) PA(Protection Grade of UVA)とは、UVAを浴びてから肌が黒くなるまでの時間をどれだけ遅らせられるかの目安となります。例:PA+ 日常生活で散歩や近所までのお買い物で浴びるくらい PA++ 軽いレジャーやスポーツなどで浴びるくらい PA+++以上 海などの炎天下でのレジャーで浴びるくらい SPFとPAの読み方 SPF(Sun Protection Factor)とは、UVBを浴びてから肌が赤く炎症を起こしてしまうまでの時間をどれだけ長くのばせるかの目安となります。 例:SPF30の場合 20分 × SPF30 = 600分 (=10時間) PA(Protection Grade of UVA)とは、UVAを浴びてから肌が黒くなるまでの時間をどれだけ遅らせられるかの目安となります。例:PA+ 日常生活で散歩や近所までのお買い物で浴びるくらい PA++ 軽いレジャーやスポーツなどで浴びるくらい PA+++以上 海などの炎天下でのレジャーで浴びるくらい

いかがでしたか?? 「日焼け対策」するためにSPFやPAが高いアイテム選びはかえって肌への負担も強くなるのです。美白肌を目指す上で大事なのは、紫外線の性質を理解しその時々のシチュエーションに合わせた正しいアイテム選びをすることです。 いかがでしたか?? 「日焼け対策」するためにSPFやPAが高いアイテム選びはかえって肌への負担も強くなるのです。美白肌を目指す上で大事なのは、紫外線の性質を理解しその時々のシチュエーションに合わせた正しいアイテム選びをすることです。

美白肌を目指すための攻めケア 美白肌を目指すための攻めケア

対策1 シチュエーション別に日焼け止め選びを! UVAとUVBの違いを理解し、シチュエーション別に紫外線対策用の日焼け止めを選んでください。例えば会社や近くのスーパーに行くのにSPF50 PA++++といった高い数値の日焼け止めはかえって肌の負担にもなりえます。日常生活なら、SPF10 PA+で十分です。 対策1 シチュエーション別に日焼け止め選びを! UVAとUVBの違いを理解し、シチュエーション別に紫外線対策用の日焼け止めを選んでください。例えば会社や近くのスーパーに行くのにSPF50 PA++++といった高い数値の日焼け止めはかえって肌の負担にもなりえます。日常生活なら、SPF10 PA+で十分です。

対策2 たっぷり保湿ケアでターンオーバーの正常化 紫外線が本格的になってくると、強い日差しを浴びる機会が増えるので、メラニンの生成もついつい過剰になりがち!そこで、ターンオーバーの正常化を促すために毎日のコットンパックを徹底しましょう。 対策2 たっぷり保湿ケアでターンオーバーの正常化 紫外線が本格的になってくると、強い日差しを浴びる機会が増えるので、メラニンの生成もついつい過剰になりがち!そこで、ターンオーバーの正常化を促すために毎日のコットンパックを徹底しましょう。

対策3 目的別に美白成分を上手に取り入れる! 美白成分には、「メラニンの生成を抑制をするための成分」から「生成されたメラニンの排出を活性化させるための成分」までさまざまあります。日焼けをしそうだなという日の前日や日焼けをしてしまった日の夜などに目的別の美白成分が配合された美容液で部分的にスペシャルコットンパックをするのがおすすめ。 対策3 目的別に美白成分を上手に取り入れる! 美白成分には、「メラニンの生成を抑制をするための成分」から「生成されたメラニンの排出を活性化させるための成分」までさまざまあります。日焼けをしそうだなという日の前日や日焼けをしてしまった日の夜などに目的別の美白成分が配合された美容液で部分的にスペシャルコットンパックをするのがおすすめ。

後半では、私のおすすめの【美白スキンケア】を紹介しながらみなさまで、スキンケアの実践をしました

メラニンの蓄積を阻止するためのふきとりケア ターンオーバーの乱れは角質肥厚(角質が厚くなること)を招き、メラニンの蓄積にも影響します。そこで、ターンオーバーをサポートするための正しいふきとりケアを力の入れ具合と共に学びました! メラニンの蓄積を阻止するためのふきとりケア ターンオーバーの乱れは角質肥厚(角質が厚くなること)を招き、メラニンの蓄積にも影響します。そこで、ターンオーバーをサポートするための正しいふきとりケアを力の入れ具合と共に学びました!

UVA&UVBに負けない!保湿力UPのうるおいケア たっぷり紫外線を浴びる夏は、美肌の基本でもある肌の保水力を高める必要があります。レッスンでは、ただうるおいを与えるだけでなく、保水力をアップさせるコットンパックの方法を学びました。 UVA&UVBに負けない!保湿力UPのうるおいケア たっぷり紫外線を浴びる夏は、美肌の基本でもある肌の保水力を高める必要があります。レッスンでは、ただうるおいを与えるだけでなく、保水力をアップさせるコットンパックの方法を学びました。

今回は梅雨が本格化してきて、湿度と温度の上昇で全体的に毛穴開きに悩まれている方が多い印象でした。そこで、さらに重要となってくるのが紫外線対策なのです。というのも毛穴に詰まった皮脂が紫外線に晒されてしまうと、酸化して毛穴の黒ずみ原因になります。また紫外線はターンオーバーを遅らせる原因になるので、角質が厚くなり、顔色もくすみがちになります。そこで拭き取りケアできちんと余分な角質をオフして、うるうるコットンでパックをした後に、角質内に水分を保っていられるようにパッティングをしっかりしていきましょう。

レッスン参加者の声 レッスン参加者の声

言葉だけでなく実際に体験してみるのが一番!あなたも#コットンスキンケアを学んでみませんか?

次回のレッスンはX月X日(X)の予定です

レッスンのテーマ 今さら聞けない!美肌の基本知識なども ダミーテキスト ダミーテキストダミーテキスト

日時:X月X日(X)19:00~20:00迄 場所:Lowp KITCHEN(東京/市ヶ谷) 参加費:抽選で10名様を無料招待 応募締切:X月X日(X)23:59

応募はこちらから

日中美容研究家 濱田文恵先生プロフィール

自身の人生を変えた「美容」に魅了され、今では内外問わずトータルで美容に関する専門資格を13種類取得。現在は美容業界に携わる中で感じた「女性は”ほんの小さなきっかけ”でどこまでも輝ける」という実体験から、女性が自分自身で綺麗になるためのセルフ美容レッスンを開催。
その他、各美容メディアにて連載記事の執筆やセミナー講師までマルチに活躍中。

【LINEオフィシャルブログ】http://lineblog.me/hamadafumie/
【公式ホームページ】http://linome.com

取得資格一例

  • LBM認定美浄化スキンアドバイザー
  • JPM認定コスメサロネーゼ®
  • 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ
  • 日本化粧品協会認定コスメプランナー
  • 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュインストラクター
  • 女性ホルモンバランスプランナー

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm