Members社員紹介

マーケティング 海外赴任マーケティング 海外赴任

Introduction

「寒いところは、苦手だ。」入社当初、そんなことを言いながら札幌市で勤務していたら、いつの間にか、気温50℃のサウジアラビアに赴任していました。日本から飛行機を乗り継いで、約18時間。レバノン人の社長のもと、サウジアラビアで任されているのは、中東18ヵ国のベビーケア用品のマーケティング。マーケティングの基本とは、ユーザーを知り尽くすことにありますが、宗教的な制約から、メインターゲットである女性とコミュニケーションを取ることが容易でない中東諸国。宗教や文化、さまざまな壁を乗りこえて、市場を切り拓いていく。そこには、海外を舞台に大きな仕事ができるロマンと、現地の赤ちゃんとママの負担を減らし、毎日をよりよいものに変えていくという使命がありました。

入社のきっかけは?

人の生活にダイレクトに影響する仕事がしたかった。

ユニ・チャームへは、中途入社で入りました。前職は、BtoB企業の技術営業として産業機械の提案を行っていたのですが、より大きな規模で、直接的に人の生活を豊かにできる仕事をしたいと考え、消費財メーカーに興味をもちました。また、将来は海外で働きたいという気持ちもあったため、国内No.1の実績があり、当時から積極的に海外への成長を求めていたユニ・チャームに強く魅かれました。ここになら、大きな舞台があると思い、転職を決めました。

現在の仕事内容は?

中東ベビー用紙おむつ市場の成長を支える。

サウジアラビアに本拠地を置き、サウジアラビアをはじめとする、中東北アフリカ18ヵ国のベビーケア用品のマーケティングを担当し、各国へ商品を輸出しています。ミッションは、高い成長を持続している中東のベビー用紙おむつ市場において、どのメーカーよりも顧客満足の高い商品を提供し続けること。また、この繰り返しが、ママたちの赤ちゃんのお世話をする労力と時間を徐々に削減できていると確信しています。これは、生活が便利になるだけでなく、女性が社会に進出しやすい文化をつくることにもつながっている。「アラブの春」と謳われ、政治的に民主化が進んでいる中東ですが、商品の普及を通して、社会を豊かにする後押しとなる。とても意義のあるミッションだと思いますね。

仕事のやりがいは?

国境の壁を、突破していく。

サウジアラビアは女性と直接会話をすることが困難であり、ふつうに考えれば、ターゲットであるママたちに接近することは不可能に近い。赴任当初、だれもが諦めている状況でしたが、ミラー越しのグループ調査を実施するなど、工夫を凝らしました。結果として見えてきたのは、中東のママたちは、「漏れないこと」、「薄さ」、「履き心地」の3点を特に気にしておむつ選びをしているということでした。そこで、薄くて、かつ高い吸収率を追求した商品開発を決行。このコンセプトを実現するために生産設備も新しくして、従来より20%も薄型の商品が完成。商品名も綿密にマーケティングを重ねて、『マドゥータ』という、現地の言葉で「圧縮」と「吸収」という単語を連ねた造語を開発。この商品名がターゲットであるママたちに非常に受け入れられ、市場を大きく盛り上げました。「これだ!」と決めた戦略を全社一丸となって、新たな価値としてお客様に提案し、実際にご満足いただけたときは本当に嬉しいですね。 近年、メインブランドの全面リニューアルを実施しましたが、成長の壁にぶつかっていた状況を打破すべく、営業・生産・マーケ担当が活動を根本から見直し、計画策定から一枚岩で活動しました。衝突も多々ありましたが、メンバーと本音で話せて信頼し合える仲間になることができた。営業現場の支店長から、まるで会社が変ったようだ、と言われたときは嬉しくて涙が出ました。

ユニ・チャームの魅力は?

熱エネルギーとスケール感。

サウジアラビアに赴任する際、社長から直言された「自ら先陣を切って現地メンバーと一緒に泥まみれになって実行しさない。そうしたら自ずと解は出る。」という言葉は忘れられません。必死な人間の心意気は国境を越えて、万国共通。頭で考えることばかりに固執せず、とにかく汗をかいて積極的に現場に赴く。現地メンバーと本音で話しあい、意見を率直に伝え、集めた情報・事実から仮説立案・検証を繰り返しています。結局、リーダーの熱エネルギー次第で、仕事の成否は決まりますから。また、サウジアラビアは親日国ですが、自社工場をもって商品を販売している日本のメーカーはわずか数社しかありません。日本人代表という意識とスケール感をもって毎日を過ごすように心がけています。

社員の声

  • 売上目標、数十億円。その大きさは、世の中への 影響度でもある。
  • ペットケア市場の拡大が、ペットと飼い主の 幸せな時間につながる。
  • 提案しているのは、高齢者の尊厳を 守るしくみ。
  • 国内主力事業の販売戦略を担う プレッシャーとやりがい。
  • これまでにない商品アイデアで、介護の現場を明るくする。
  • しゃべれない犬や猫の健康は、人がとことんまで、考え抜く。
  • 最新設備のコンセプトをつくり、世界中で工場を立ち上げていく。
  • 世界中に製品を供給する工場を守り、支える守護神。
  • 新商品のアイデアは、市場の中に無限に眠っている。
  • 世界中の女性のくらしを、より快適なものに変えていく。
  • アラブ諸国のベビーとママに、もっとやさしい毎日を。

スペシャル対談

  • ASEAN市場開拓
  • ものづくりの流儀
  • 海外市場のダイナミズム
  • 顧客密着からうまれるイノベーション
  • “攻め”の知財×法務
  • ユニ・チャーム独自の教育

閉じる