おむつはずれとは違う

夜のおしっこモレ・おねしょのホントのコト

おねしょとは?夜尿症との違い

おねしょとは

おねしょとは、夜寝ている間に無意識におしっこしてしまい、パジャマや布団をぬらしてしまう状態をいいます。
幼児期(5、6歳まで)の子どもがおねしょをするのは当たり前です。まだ、体が発達の途中だからです。
幼児期のおねしょは、早く卒業・自立していく子どもと、のんびりしている子どもとがいて、個人差が大きいものです。ママは焦らず、温かい目で見守りましょう。

おねしょと夜尿症のちがい

多くの子どもは5、6歳までにおねしょから自然に自立していきます。
小学校に入ってもしょっちゅうおねしょをする場合は、自立に向けての発達が遅すぎるということになります。この場合は、「夜尿症」といわれます。生活指導や治療で改善できるものがほとんどですから、小児科の先生に相談してみましょう。

おねしょ心配度をチェックしてみる

おねしょは段階に分けられます。お子様の年齢や、おねしょの頻度・時間帯でチェックしてみて!
※発達には個人差があります

  毎晩2回以上
(寝入りばなと明け方)
毎晩1回
(明け方)
1週間の半分
(明け方)
2~3歳 少し幼い 心配なし 心配なし
4~5歳 生活の工夫 生活の工夫 少し幼い
6~7歳 小児科で相談 小児科で相談 生活の工夫

 

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm