妊娠・育児・出産“初めて”体験談

離乳食

※ユニ・チャーム調べ:2011年1月12日~2011年2月9日に実施したアンケートより(458名のママが回答)

離乳食の進み具合やあげるタイミングについて、さらに毎日の離乳食作りをどう乗り切るかなど、離乳食に関する悩みは多くあるようです。それらを乗り越えてきた先輩ママの、とてもありがたい情報がつまった体験談やアドバイスがたくさん集まりました。

私のエピソード

(北海道:ゆあみじゅ)

完全母乳のせいか、おっぱい命で全然離乳食が進まなかったうちの娘…。一所懸命手作りしてもなかなか食べてくれず、悲しくなったりイライラしたり…。周りと比べると焦るばかりだし、もう泣きたいぐらいでした。そんなある日、気分転換のためホームベーカリーを購入し、早速パンを作ってみました。部屋中パンの香りに包まれ、「美味しい美味しい!」と私が食べていると娘が寄ってきたので、小さくちぎったパンをあげてみると…「もっともっと!」の催促コール!いつもドロドロ状の離乳食を少ししか食べない娘が、パンをバクバク食べてるじゃないですか。どうやら、それがきっかけで食に目覚めたようで。すんなりと離乳食が進み、すぐに卒業できましたよ。まず美味しそうと思わせることが大事だったのかなと思います。

私のエピソード

(大阪府:CUPPYY)

9ヶ月にさしかかった頃から、いつも通りスプーンであげていると途中で顔をプイっとされてしまうようになって困り果てていましたが、ある日パパが何気なく箸で食べさせると、何もなかったようにパクパク食べてくれるようになりました。なので、箸が使えないのに娘にはmy箸があります^^。

私のエピソード

(栃木県:栃木県さー)

豆腐は便利です。やわらかいし、栄養価は高いし。さらにシラスを加えてすり鉢ですったものも次のステップに良かったです。でも、最初はどうしたらいいか心配で結構周りの先輩ママに教えてもらいました。

私のエピソード

(大阪府:hiromiy)

初めてから1ヶ月半はすんなり食べてくれたのに、1ヶ月半後いきなり全く食べてくれなくなったので、思い切って1ヶ月離乳食をあげるのを止めてみました。すると1ヶ月後、離乳食再開時に思いっきりたくさん食べてくれて、今まで以上に離乳食の量が増えました。あきらめも肝心と学びました。

私のエピソード

(大阪府:じゅんかなえ)

牛乳がゆは平気だったのにチーズでアレルギー反応が!!唇がサザエさんに出てくるアナゴさんみたいになってしまいました。牛乳はよくても、発酵食品だと出る子もいるみたいだから、何でも初めてたべさせる食材は、朝に食べさせないと何かあった時に病院に連れて行きにくいと思いました。

私のエピソード

(東京都:ひろぽんず)

離乳食後期くらいで卵・小麦アレルギーが発覚して、症状はひどくなかったけど、何を食べさせて良いのかわからなくて、いつも同じメニューばかりになってしまいました。周りにも同じような子はいなかったので、相談することもできずかなり困りました。そんなときに主人がアレルギーの子用のレシピ本を見つけてきてくれて。それを見ながら少しずつレパートリーを増やしていくことができました。

私のエピソード

(富山県:りょんかまま)

相談した保健士の先生に「大人になってもミルクだけで生きている人を知っていますか?いつかは必ず食べるようになるから力を抜いて始めましょう」と言われました。今まで離乳食を食べてくれないことに頭をかかえて悩んでいたのが、その言葉で楽になりました。今では給食をおかわりするほどもりもり食べていますよ。

私のエピソード

(愛媛県:みんちゃ)

毎日食べてくれるかわからないご飯を作るのは、精神的につらかったです。このままで食べてくれるんだろうかと毎日不安でした。頑張って作った時に限って一口も食べてくれないし、手抜きの時に限って食べてくれたり。でも、夫が「俺たち食べるの好きなんだから、いつか食べてくれるよ」と笑いながら言ってくれたのが、私の気持ちを楽にしてくれました。「いずれ食べてくれる」そう言い聞かせて小さい怪獣と毎日戦っています。

私のエピソード

(富山県:むーん)

身長も体重も小さめの娘に、離乳食を開始したときのことです。小さいから少なめかな、と思って少量を与えたのですが本人は不満足。おかわりを要求され、ビックリしました。小さい=小食ではなかったのですね。現在9ヶ月、相変わらず小さめですが1日3回すべて完食しています。

私のエピソード

(富山県:こうちゃんママ)

離乳食のスタートは、おかゆ1さじからスムーズに進みました。野菜、しらすや白身魚と品数を増やしていくことも、問題ありませんでした。しかし、6ヶ月終わりごろからあまり食べてくれなくなり、ベビーフードだと食べてくれるように。何で??いままでと変わりないのに・・・と思いながらも、食べてくれるものを与えていました。8ヶ月に市の離乳食相談会に参加し、「そろそろしょう油、砂糖といった味つけも少ししてもいいですよ」と言われ、その日薄味でつくってみると・・・!!今までにないくらい、モグモグ食べてくれました。それからは、薄味をつけるようにし、毎日「おいちい」の顔をしてくれます。うまくいかないときは、何でも抱えず相談すること!大事ですよ♪小さい子どもでもママの気分がわかるんですって。

妊娠・育児・出産
“初めて”体験談

 

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm