おむつはずれとトイレトレーニング

おむつはずれのステップ

おむつはずれのステップとは?

さあ、いよいよおむつはずれの中身を見ていくことにしましょう。お子様の体と心の成長に合わせて、昼間のトイレが自立できるまでの「おむつはずれ」のステップと、トイレマナーやうんちの習慣を身につける「トイレトレーニング」のステップがあります。

お子様の「おむつはずれ」と「トイレトレーニング」のすべてのステップは、下表のような考え方で進められます。

Step1からStep4が、いわゆる「おむつはずれ」までのステップです。「おねしょ」が別になっているのは夜間のおしっこのメカニズムは昼間とは異なり、昼間のおむつはずれとは若干考え方も違ってくるからです。
また、おむつがはずれることだけでなく、おうちでも外でもトイレを正しく使う「マナー」を身につけさせることや、うんちを決まった時間にできるようにする習慣の習得をここでは「トイレトレーニング」と呼びます。

昼間のトイレの自立ステップ

昼間のトイレの自立ステップは、お子様が歩いてトイレに行けたり我慢できる体の成長と、大人の真似をして自分の意志を示す心の成長ステップとほぼ同時並行に進みます。

昼間のトイレの自立は、以下のようなステップで進んでいきます。

この4つのステップが完了する頃、おむつに自然とさよならできているはずです。

★各ステップについて詳しくは次章から解説していきます!
(上記のステップ名をクリックすると、各ステップのページに直接行けます)

マナーや習慣の習得ステップ

お子様の成長とともに自然におむつがはずれていく「おむつはずれ」の時期を過ぎたら、トイレで用をたすことを社会生活の中でできるようになる習慣を身につけさせましょう。ここからが「トレーニング」の始まりです。

昼間のトイレの自立は、以下のようなステップで進められます。

トイレマナーの習得期

人間が作ったトイレには、使い方や清潔に保つための暗黙のマナーがあります。これは親が教えなければ決して身に付かないこと。おむつはずれと同様に大切なことです。

決まった時間にうんちをする生活習慣の習得期

うんちの回数やタイミングにはとても個人差がありますが、お子様が社会生活の中で健康に過ごすために、うんちを習慣づけてあげることも親の役割です。

これらが習得できれば一人前。どこへ行っても自信を持ってひとりで用を足すことができるようになります!

★各ステップについて詳しくは次章から解説していきます!

赤ちゃんのおむつ・おしり研究所

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm