おねしょ

6歳過ぎても毎晩おねしょをするようなら専門医へ

長い目で様子を見ても「これは?」と思ったら医師の診断を仰いでみましょう。

6歳になっても、ほぼ毎日おねしょをするようだったら、一度専門医(小児科・泌尿器科)のもとへ行って見ましょう。
また、幼児期に少なくとも1年以上おねしょをしなかったのに、学童期になってから再び始まった二次性のおねしょも、専門医のもとへ。

学童期のおねしょは、単なる生理機能の発達の遅れではなく、機能障害に原因がある場合もあるのです。
(利尿機能の発達障害、神経内分泌系統の発達障害、自律神経系の障害、ストレスによる心身症の障害など。)

学童期に入ると、家族以外の人間関係も出てきて、おねしょはより深刻な悩みになっていきます。
自然に治るのを待つのは時間がかかり、その間にストレスもたまってしまいます。
早めに診断を受けて、適切な治療と指導を受けることが大切です!

赤ちゃんのおむつ・おしり研究所

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm