紙おむつの選び方

赤ちゃんにピッタリの紙おむつの選び方は?

紙おむつにはさまざまな種類サイズがあります。
その理由は赤ちゃんはどんどん成長して変わっていくからにほかなりません。
そして赤ちゃんは一人ひとり、成長の速さも違うし、からだつきも違っています。どれもみんな、その子の個性なんですね。

だから「うちの子にピッタリの紙おむつ」を見つけるために、考慮したいポイントがいくつかあります。
ではそのポイントを見ていきましょう。

赤ちゃんにピッタリの紙おむつを選ぶポイント

モレないように、赤ちゃんが快適にすごせるように、
ピッタリの紙おむつを選ぶには、以下のようなポイントに注意し、
適切な紙おむつを選んであげましょう。

①まずはサイズを確認しましょう

パッケージに書かれた体重の目安を参考に、赤ちゃんに当てはまるか確認しましょう。

②赤ちゃんの体形に合っているか確認しましょう

新生児の頃、赤ちゃんはママのおなかにいたときのようにまるく縮こまった体形をしています。たっちするようになるまでに背骨がだんだんまっすぐになってきます。それぞれの時期の体形や骨格にあったおむつでないと、おむつと体の間にすき間ができてモレの原因になるので、赤ちゃんのからだにフィットしたつくりのおむつを選びましょう。

③月齢が低い頃はうんちの状態も確認しましょう

ムーニーの新生児用Sサイズのように、授乳期の赤ちゃんのうんちの状態に合わせた特長を持つ紙おむつもあるので、「からだは小さめだけど、もううんちが固まってきた」など、うんちの状態も考慮しましょう。

④運動能力の発育状態はどうですか?

体型だけでなく、そのときの赤ちゃんの運動能力の発育状態もおむつの種類を選ぶポイントです。それがテープタイプからパンツタイプへの切り替えどき。
「たっちやあんよが始まったらパンツタイプ」と思っているママも多いようですが、まだたっちができなくてもおむつ替えに困ったことはありませんか?
寝かせた姿勢でおむつ替えをするテープタイプの場合、赤ちゃんが動き回るようになると大変ですね。特に赤ちゃんが足をバタバタさせるようになったり、寝返りが激しくなって、ハイハイなどしようものならじっとしていてくれません。
実は足をバタバタさせたり、ハイハイが始まったら、パンツタイプへの切り替えどき。ムーニーマンエアフィットSサイズや、はいはい用なら、そんな動きが激しくなった赤ちゃんでも簡単におむつ替えをすることができます。

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm