• 商品情報
  • 知る・役立つ
  • キャンペーン
  • お問い合わせ
  • 企業情報
  • CSR・環境
 

ママの初めてレッスン:育児編

Lesson12:赤ちゃんはなぜ泣くの?

夜泣きってどういうこと?

「赤ちゃんはなぜ泣くの?」で紹介したようなお世話をしても泣き止まず、病気でもなさそうなのに、泣く理由がまったくわからない。そんな夜が続くと、「これが夜泣き?」と思うかもしれません。「夜泣き」っていったいどんなことなのでしょう?

理由がなく夜に泣くことがあります

夜泣きとは、多くの日本の育児書などでは、「生後半年頃から1歳半ぐらいの赤ちゃんにみられる、夜間の理由のわからない泣き」をさしています。昼間はとても元気に遊んで、寝る前までは機嫌も悪くなかったのに、夜中になって急に泣きだし、いろいろやっても、泣き止まないという状態が、この時期の赤ちゃんに多く見受けられるからです。
夜泣きが始まる月齢や続く期間、時間帯も赤ちゃんによってまちまち。中には、ほとんど夜泣きの時期がなかったという子もいるようです。

夜泣きはママの悩みどころ。でも…

夜泣きは原因がよくわからないため、これといった決定的な解決策もなく、だからこそ困り果てているママやパパが少なくないのですね。何時間も泣き止まない夜が続くと、それにつきあう大人たちは寝不足で大変。各方面のアンケート調査によると、子育て中のママの7割は、夜泣きに悩んだ経験を持っているとのこと。
でも実は、「夜泣き」という言葉や概念が全くない国がたくさんあります。「赤ちゃんはどうして泣くの?」でもお伝えしたように、「赤ちゃんは泣くもの」だから、それがたまたま夜に泣いているだけという考えで、「昼泣き」という言葉がないように「夜泣き」もないそうです。
日本の生活環境は木造家屋で近隣にも音がもれやすいことがあります。夜中でママ自身やご近所が就寝中であることから、昼間なら泣いている原因をひとつひとつ時間をかけながら解決できることが「早く泣きやませなきゃ!」という焦りから、精神的にママのプレッシャーになって「夜泣き」という言葉が生まれたのかもしれませんね。

夜泣くのは睡眠の発達過程にあるから

赤ちゃんが空腹でもなく、おむつもぬれていない、特に体に不快や異変が見られないのに夜泣く原因として、さまざまな説がありますが、残念ながらまだはっきりとはわかっていないそうです。ただ、人間の睡眠のリズムのなりたちを考えると、理由が見えてきそうです。

赤ちゃんの睡眠リズムの変化

お誕生~生後1ヶ月頃

人の体には、昼起きて夜眠る体内時計が備わっていますが、新生児期の赤ちゃんはこの機能が不十分。昼夜の区別がなく、短いサイクルで「泣く」「寝る」を繰返します。夜中に泣き出しても、おっぱいで満腹になると、落ち着く場合が多いようです。

生後5ヶ月頃~

赤ちゃんの体内時計が働き出し、睡眠リズムができてくる時期。少しずつ、夜にまとめて長時間眠れるようになってきます。

人間の睡眠サイクル

人間は、夜の間に浅い眠りと深い眠りを何度も繰返しますが、赤ちゃんはまだその睡眠サイクルが未熟なため、浅い眠りの時に目が覚めてしまうという説があります。また、知能が発達してきたために、昼間のさまざまな経験が夢となり、それを見ている時に夜泣きをするとも考えられています。

つまり、眠りの途中で目が覚めたから機嫌が悪いだけなのかもしれません。大人だってなかなか寝付けなかったり、眠っている最中に起こされたりしたら不機嫌になるものです。
裏を返せば、多かれ少なかれ、睡眠の成長段階で誰もが通る道で、いつかは卒業するということですね。

ママも睡眠不足になりがちで少し大変な時期ですが、わが子の成長のあらわれと思ってパパと協力しながら乗り切りましょう! 先輩ママたちもあとで振り返ると、「大変だったけれど、自分が母親になった実感をもった瞬間でもあった」という声がとても多いのも夜泣きなんですよ。

  • 不安や悲しくなるマタニティのあなたへ
  • マザーズセレクション大賞2年族受賞

育児に役立つ情報

 

Copyright© 2016 Unicharm Corporation

unicharm