• 商品情報
  • 知る・役立つ
  • キャンペーン
  • お問い合わせ
  • 企業情報
  • CSR・環境
 
 

ママの初めてレッスン:育児編

Lesson12:赤ちゃんはなぜ泣くの?

夜泣きとは?

根本的な対策はないけれど、ママたちはみな試行錯誤してわが子にあった夜泣きの乗り切り法を工夫しています。ママたちの実例を参考に、夜泣き対策を見ていきましょう。

夜泣きとは?

夜泣きってどういうこと?

理由がなく夜に泣くことがあります

ひととおりお世話をしたのに夜に泣くことがあります。

夜泣きはママの悩みどころ。でも…

7割のママが夜泣きに悩んだというデータがある一方で、「夜泣き」という言葉がない国もたくさんあります。

夜泣くのは睡眠の発達過程にあるから

夜泣きの原因として、睡眠のリズムの発達過程で、浅い眠りの最中に目が覚めてしまうことで泣き出すことが考えられます。

夜泣きとどう向き合えばいい?

ママの接し方と夜泣きは無関係

この頃の夜泣きは成長過程で表れる生理的なもの。ママの接し方が原因になることはありません。

時間を見つけて休息を取って

夜泣きがひどい時期は、ママもお昼寝で睡眠を確保して。家事が後回しになっても仕方がないと割り切りましょう。

パパに協力をお願いしましょう

ママひとりでケアするのは無理。パパに協力を頼みながら、ストレスをためないようにすることが大事です。

ご近所へあいさつをしておきましょう

お隣や上下の階のご近所には、夜泣きが始まったら「ご迷惑をおかけします」と、ひと言あいさつを。

基本的な夜泣き対策は?

対策の前に知っておいてほしいこと

泣きやませる確実な方法は実はありません。いつかは治るものであることをまずは知っておいて。

抱っこで安心させる

ひととおりお世話をしたら、軽くトントンたたいて「ママはここにいるのよ」と安心させて。また母乳を飲ませたり、乳首を口に含ませると吸って落ち着くことがあります。

音や音楽などを軽く聞かせてみる

静かな音楽を流したり、ベッドメリーを回すと、赤ちゃんが我に返って泣きやむことも。

思い切って一度起こす

寝ぼけて泣いている時は、一度完全に起こしてから寝かしつけるほうがいいことも。

生活リズムを整える

朝早く起こす、お昼寝のし過ぎに気をつけるなど、夜にぐっすり眠れる生活リズムを作って。

育児に役立つ情報

 

Copyright© 2016 Unicharm Corporation

unicharm