ママの初めてレッスン:赤ちゃんの成長編

Lesson2:ねんねの頃

※発育状態にはとても個人差があるので以下は目安です

発育状態 大きさの目安 体重:4~8kg <ムーニー(Sサイズ) 対応>

体全体
おっぱいやミルクをたくさん飲んで、赤ちゃんらしいまるみを帯びてきます。


目で動く物を追いかける(追視)ようになり、少しずつその範囲は広がっていきます。


徐々に首の筋肉も強くなり、だんだんと自分の頭を支えられるようになって、動きをコントロールできるようになります。


自分の指をくわえたり、玩具を握れるようになります。

背中・腰
手足、首に加え、背中の筋肉も発達し、腹ばいにすると、しっかり首を持ち上げられるようになります。
これが「首がすわる」ということです。


じっと見つめたり、あやすとニッコリ笑ったりするなど表情がどんどん豊かになっていきます。

お肌

生後2ヶ月頃まではママの胎内でもらったホルモンの影響で皮脂の分泌が多く、赤ちゃんの肌は、いわば「脂性」。その影響がなくなると一転、「乾燥肌」になります。赤ちゃんは皮膚が薄いため、水分を保ちにくかったり、傷つきやすかったりデリケート。大量の汗やミルクやよだれなど、汚れがカサカサのお肌に残るとそれが刺激となり、すぐに赤くなったり、かぶれたり、あせもや湿疹などの肌荒れを引き起こしてしまうほど敏感なのです。

image

だから、きれいに洗った上で、 きちんと保湿して肌を健康に保つ必要があるのですね。

おむつ替え

まだねんね中心の生活だけれど、手足をバタバタさせたりするなど動きや反応が多く見られてきます。成長の証拠だけれど、動きが増える分、おむつや衣類と肌との摩擦も起きやすくなってきます。寝返りはまだできないので、おむつが汚れたままだと布団に当たる側の肌がふやけやすい状態です。さらに、うんちはまだゆるゆるで回数も多いから、うんちの成分や摩擦の刺激によるカブレから守るおむつを選びたいですね。

image

だから、赤ちゃんの肌に直接触れるおむつは やわらかくなめらかで、刺激が少ない素材を選んであげましょう。

おっぱい、ミルク

ママとの呼吸も合うようになり、飲み方もゴクンゴクンと上手になってきます。授乳の時間もだんだん規則正しくなって、授乳の間隔が3~4時間おきになり、1回に飲む量も増えてきます。また1回に飲む量にムラがあると心配になるママもいるかもしれませんが、体重が増えていれば問題ありませんよ! ただ、おっぱいをくわえたままで遊び飲みを繰り返すようなら、1回の授乳時間は20分くらいにして、次の授乳までおなかをすかせておくようにしてみましょう。

image

このような飲み方で授乳に リズムがついていくのですね。

おふろ

生後1ヶ月頃にはベビーバスを卒業。ママやパパと一緒に浴室でお風呂に入れます! 脱衣所や洗い場の温度が低すぎたり、お湯が熱かったりすると泣き出してしまったり、広い湯船に慣れずに不安になってぐずる子も。そんな時は、やさしくしっかりと抱きしめてあげてくださいね。首や腰が不安定なうちはママの膝の上やマットの上など安定した姿勢で洗うようにしましょう。耳の後ろや首、わきの下、手首や足首のくびれなど、一見分からないところも汗などで汚れていますので、きれいに洗い流してあげましょう。

image

だから、入浴前に浴室の温度やお湯の温度を チェックして調整しておきましょう。

着がえ

よく動くので大人より暑さに弱く、寒さには強い赤ちゃん。だから、「ちょっと寒いかな」と思うぐらいでちょうどいいのです。ねんねの赤ちゃんもだんだん手足の動きが活発になるので、肌着やウェアのおなかやすそがはだけてしまいます。上下がつながっていて足が分かれたコンビ肌着やカバーオールが便利です。手もちゃんと袖口から出せるものがいいですね。布団の中では、肌着だけでも大丈夫。授乳や泣いた後などは汗をたっぷりかきます。背中に手を入れて汗ばんでいるようなら、汗冷えしないよう肌着を替えてあげてくださいね。

image

だから、着せすぎないよう 気をつけなくてはいけないのですね。

赤ちゃんの1日

授乳のリズムが定まってくるとまとまって眠るようになり、睡眠時間も長くなってきます。首がすわってきたら、抱っこやベビーカーで外に散歩に出かけて、自然に触れる機会を。太陽の光や風、木々のにおいなどを自然に触れることはよい刺激となります。ただし、それほど体力や抵抗力がないので、人混みは避け、短時間で切り上げましょう。紫外線がなるべく当たらないよう、ベビーカーの日よけや帽子、ママの日傘などでガードすることも忘れないでくださいね。

image

だから、最初は家の近くなど、 無理をせず散歩を楽しめばいいのですね。

  • 不安や悲しくなるマタニティのあなたへ
  • マザーズセレクション大賞2年族受賞

育児に役立つ情報

 

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm