ママの初めてレッスン:赤ちゃんの成長編

Lesson4:はいはいの頃

※発育状態にはとても個人差があるので以下は目安です

発育状態 大きさの目安 体重:5~9kg <ムーニーマンはいはい用 対応>


力がますます強くなり、うつぶせから頭を上げて手足で前に進む子や、はいはいができるようになる子もいます。はいはいの形もいろいろです。おすわりのまま足を漕ぐように 動かして進む子もいます。徐々にスピードもアップし、はいはいの要領で段差や階段を上ろうとする子もいるので注意が必要です。


指先の細やかな動きができるようになり、ティッシュを引き出したり、リモコンや携帯電話をいじったりというイタズラが始まります。


ママの言うこともだいぶ分かるようになってきます。
物まねをしたり、「マンマ」「ぶーぶ」など大人の言ったことを繰り返したりするようになります。

お肌

はいはいで行動範囲が広がると、お部屋の隅やテーブルの下など、どこへでも動き回るように。大人の目が届きにくい場所には、ホコリなどがたまりがち。ダニやホコリが肌に触れたり体に入ったりするとアレルギーの原因にもなります。また、大人にとっては何でもない物でも敏感な赤ちゃんの肌には刺激になり、かぶれたりすることもあります。

image

だから、赤ちゃんのはいはいの高さからの 視界で、お部屋の中を再点検しましょう。

おむつ替え

はいはいができるようになると、赤ちゃんは好奇心いっぱい。自分で動けるのが楽しくって、おむつ替えのときだってじっとしていてはくれませんね。ママのおむつ替えが急に大変に感じる時期ですが、赤ちゃんの遊びたい気持ちも大事にしてあげたいですね。

image

だから、赤ちゃんも楽しく、ママもラクになる パンツタイプへの切り替えがちょうどいい時期です。

おっぱい、ミルク・離乳食

そろそろ、歯ぐきでつぶれるぐらいのかたさの物が食べられるようになります。自分で食べたがるようになり、最初は手づかみで口に運ぼうとします。これから1歳すぎまで手づかみ食べがつづきますが許してあげて、食べたい意欲を育ててあげましょう。1回に食べる量もだんだんと増え、おとなと同じ3回食に進められる赤ちゃんもでてくる頃です。母乳を欲しがるうちは、満足するだけ飲ませてあげましょう。

image

だから、たまにはスプーンを握らせて 食べる練習も進めた方がいいですね。

おふろ

はいはいすると手や足、ひざなども汚れがち。一気に運動量も増え、汗もいっぱいかくので、毎日のお風呂でさっぱりきれいに洗い流してあげましょう。肌のかさつきなどが気になるようなら、敏感肌用のシャンプーやソープを使ってあげてくださいね。浴室でも動きたがるので、口に入れたら危険な物などは、手の届かない高さに上げましょう。

image

だから、すばやく洗える 泡タイプのソープなどが便利ですね。

着がえ

動き回りやすく、着がえもしやすい伸縮性のある素材のものを。外へ出かけるからと、たくさん着せすぎると動きにくいので、寒い季節もなるべくモコモコしないよう、「おとなの衣類の枚数-(マイナス)1枚くらい」が目安です。分厚いものよりも、薄手のものの重ね着なら、着せたり脱がせたりで体温調節がしやすそう。室内では足をすべらせないよう、なるべく裸足で過ごさせてあげましょう。上着などを着せてあげた方がよいか迷うような気温のときは、着せない方が正解。赤ちゃんは厚着より薄着が好きなのです。

image

だから、外出のときも肌着やシャツの 替えを持って行くといいですね。

赤ちゃんの1日

昼間に起きている時間が長くなってきて、お昼寝は1~2回になり、その分、夜まとまって眠るようになってきます。また、離乳食で食事の時間が大体決まってくると、うんちやお昼寝のタイミングも一定になり、だいぶ生活リズムが整ってきます。パパの帰りを待って夜更かししたりすると、せっかくのリズムが乱れて、よい睡眠が取れないことも。夜寝ている間には成長ホルモンが分泌されるので、たっぷり寝かせてあげましょう。

image

だから、早寝早起きができるような 環境作りを心がけた方がいいのですね。

  • 不安や悲しくなるマタニティのあなたへ
  • マザーズセレクション大賞2年族受賞

育児に役立つ情報

 

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm