前のページに戻る

女性の尿もれの原因

「女性に多い尿もれのタイプって?」「尿もれを悪化させる習慣って?」尿もれの基礎知識を正しく知って、セルフケアを心がけましょう。

そもそも尿もれの仕組みって?

私たちの骨盤の底にある、骨盤底筋という筋肉が弱ったことによって尿もれが起こります。骨盤底筋が健康な状態であれば、お腹に力がかかっても骨盤底筋の組織が反射的に尿道口を締め、尿もれを防ぎます。尿もれは骨盤底筋がゆるんでいるサインとも言えます。

女性に多い尿もれのタイプって?

せきやくしゃみをした時、階段を駆け降りた時など、尿意がないのにおなかに力を入れた時に起こる尿もれを「腹圧性尿失禁」といい、高齢者を除けば、女性で最もよくみられる尿もれのタイプです。もうひとつの代表的な女性の尿もれタイプとしてあるのが、特に年齢とともに重要性を増す「切迫性尿失禁」です。尿意を感じて、急いでトイレに向かっても、間に合わずにもれてしまうケースがこれに当たります。

尿もれを悪化させる排尿の習慣って?

健康な排尿は、「トイレへ行きたい」という感覚を確認してからトイレへ行き、膀胱が収縮して尿道がゆるむことで起こります。ところが次のような場合、尿もれを起こしやすく、また悪化させる傾向があります。

  • おしっこをする時、おなかに強い力を入れて、腹筋の力でおしっこを絞り出している。
  • 尿意を感じないのに、何度もトイレへ行く
  • おしっこが出終わっても、さらにいきんで尿が残っていないか確認する。
  • 便秘気味の人が、毎日トイレでいきむ。

おしっこをする時は、骨盤底の力を抜いてスムーズに出すことが大切です。

前のページに戻る

ページの先頭へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm

 
 
×

ライフリーウェブサイトをご覧のみなさまへ

サイトサービス向上のため、アンケートにご協力ください。

質問

ライフリーウェブサイトに、アクセスされた理由をいかのうち、一つお選びください。