前のページに戻る

綾戸さんのメッセージ

ご自身もお母様の介護に励まれている綾戸智恵さんから、お体の状態に合わせたメッセージをご紹介します。

皆さん、まいど!綾戸智恵です。

年をとったら体はいろいろ変わってきて、トイレの失敗や不安ってどんどん増えてくるんですよね。私自身もそうやし、うちのお母ちゃんやってそう。だからって、やりたいこと我慢すんのはもったいない。だったらちゃんとケアして、自分らしく過ごしましょうよ。
私やって「ケアしてるから、まだまだ歌えんねん。」って思うし、紙パンツがあるからお母ちゃんやって、美味しいもの食べに一緒に出かけられる。
ただ生きるんじゃなくて、ちゃんとケアして前向きに生きる。その気持ちが健康寿命を延ばすことにつながるんとちゃいますか?
寿命が延びるのは、ええことやけど健康寿命が延びれば、もっと嬉しい。
ライフリーで、自分らしく過ごしていきましょ。

軽い尿もれの方へ

トイレのことなんか心配せんと、前向きに明るく明るく。
自分のやりたいことを、思いきってやっていこう。

女の人は50過ぎたら、更年期ゆうんもありますし、からだもいろいろ変わってきて、おトイレの失敗も多くなるもんですわ。長いことトイレに行かれへんときなんか、めちゃめちゃ不安やしね。
そーゆうときも「さわやかパッド」つけとったら、やっぱ、安心感が全然ちゃうんですよ。
さわやかパッドで、心まで「さらっとさわやか」に。トイレのことなんか心配せんと、前向きに明るく明るく。自分のやりたいことを、思いきってやっていこう。

一人で外出できる方・一人で歩ける方の介護をする方へ

紙パンツを履くことは“自由”を履くこと

紙パンツって、最初は抵抗あるっていう人もいるでしょ?うちのお母ちゃんもそうでした。
でも、一番良くないのはトイレのことが気になって引きこもること。
それやったら、紙パンツを履いて、好きな所に行って、好きなことをする!
今まで通りの自分らしい生活をすることが、老化の予防にはものすごく大切なんやと思うんです。
紙パンツを履くことで、まだまだ人生楽しめる。だから、紙パンツを履くことは「自由」を履くこと。
ご家族で自由な毎日を送っていく秘訣やと、私は思います。

一人で歩ける方・介助があれば歩ける方の介護をする方へ

ならんで歩く。ならんで生きる

歩くということは生きる上で一番大事なことやと思うんです。
だけど、ただ歩け歩け言うても駄目なんです。何でもええんです、目的を作れば。
「美味しいもん食べに行こう」とか、「誰かに会いに行こう」とか。
“ならんで歩く、そして、ならんで生きる”、これによってお互いが成長していくんだと思います。

一人で歩ける方~座れる方の介護をする方へ

自分らしく生きるための“知恵”

紙パンツ用パッドを使うみたいなことは、介護の知恵やと思います。
うちのおかあちゃんも紙パンツ用尿とりパッド使うようになって、ほんま楽になりました。
パンツの脱ぎ履きするより楽やから、自分で交換できるしね。しかも、経済的(笑)
そういった知恵を使わないのはもったいない!今日できたことを明日もできるように。
ご本人も、介護する人も、互いに自分らしく生きるために、 使える知恵は何でも使ってみてください。

立てる方・座れる方の介護をする方へ

生きることが、リハビリなんや

介護、リハビリと聞くと大変なことのように感じる方もいるかもしれませんが、私は、何も特別なことやないと思うんですよ。
ごはんを食べたり、トイレに行ったり、洗濯物をたたんだり。
そんな生活の中の当たり前のことが、つまり、生きることそのものがリハビリなんです。
信じてリハビリを続けていけばちゃんと結果はついてくる、リハビリは生涯有効なんやということを、同じように介護に励む全国の人に伝えていきたいと思っています。

寝て過ごすことが多い方の介護をする方へ

ちゃんと眠って、生活のリズムをつくる

当たり前のことかもしれんけど、紙おむつの交換やらなんやらがあると、なかなか難しい。
それでもやっぱり夜ちゃんと眠ることは、ご本人にも介護する方にとっても、大切なことやと思うんです。
せやから「ちゃんと眠る」ためにも、夜用のパッドを使ったり、状態にあった紙おむつを選んで、紙おむつ交換の心配はなくしてほしい。
夜は眠って、昼間は起きてすごす。そんな生活のリズムを作りたいですよね。

綾戸智恵
ジャズシンガー。1957年、大阪生まれ。
1998年6月「For All We Know」でプロデビュー。
2015年5月には New Album 「DO JAZZ」をリリース。
また同タイトルのコンサートツアーを行う など、精力的な活動を行っている。

前のページに戻る

ページの先頭へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm

 
 
×

ライフリーウェブサイトをご覧のみなさまへ

サイトサービス向上のため、アンケートにご協力ください。

質問

ライフリーウェブサイトに、アクセスされた理由をいかのうち、一つお選びください。