前のページに戻る

医療費控除について

紙おむつの購入で税金の一部が還付されます。

医療費控除とは?

医療費控除は、所得税の一部が還付される制度です。医療費の合計が年間で10万円、またはその年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%を超えた場合、申告すると税金の一部が戻ってきます。この医療費には、医師が必要と認めた紙おむつ、パッド類の購入費も認められます(※)。 また医療費控除は、納税者が対象となります。平成29年(2017年)分の確定申告から、医療費控除の際に領収書の提出が原則不要になりましたが、確定申告で提出する医療費控除の明細書作成で必要になります医療費の領収書は5年間の保管が義務付けられています。領収書は決められた保管期限まで保管しておきましょう(※)。

  • 傷病によりおおむね6ヶ月以上寝たきりで医師の治療を受け、おむつを使う必要があると認められた場合に限ります。
  • 詳しくはお近くの税務署にお問い合わせください。
  • また「おむつ使用証明書」の用紙が必要な方はページ下部よりダウンロードできます。
  • なお、平成31年分の確定申告までは、医療費控除の明細書の提出に代えて、医療費の領収書の提出又は提示によることもできます。

医療費控除額の計算式

医療費控除を受けるための必要書類

10万円(その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%)以上分の医療費・医療費控除に関する明細書

  • 医療費控除に関する明細書はこちらからダウンロードすることが可能です。
    • 「おむつ使用証明書」

      かかりつけの医師に相談して「おむつ使用証明書」(=ほとんどの場合有料)を発行してもらってください。

      • 介護保険の要介護認定を受けている方は、2年目以降の確定申告では「おむつ使用証明書」の代わりに、主治医意見書の内容を「市町村が確認した書類」または、「主治医意見書の写し」を使用できる場合があります。

      「主治医意見書の写し」または主治医意見書の内容を「市町村が確認した書類」

控除を受けるまでの流れ

  • 医師に「おむつ使用証明書」を発行してもらいます。
  • 医師が治療に必要を認めて、紙おむつを購入・使用を開始した日から、おむつの領収書を保存しておきます。
  • 確定申告の際(毎年2月16日~3月15日)に、おむつ使用証明書と医療費控除に関する明細書(※)を添えて税務署に申告します。
  • 詳しくは税務署や市区町村役場へお問い合せください。
  • 平成29年(2017年)分の確定申告から、医療費控除の際に領収書の提出が原則不要になりましたが、医療費の領収書は5年間の保管が義務付けられています。領収書は決められた保管期限まで保管しておきましょう。
  • 医療費控除に関する明細書はこちらからダウンロードすることが可能です。

医療費控除適用期間について

「おむつ使用証明書」の発行日に関係なく、「おむつ使用証明書」に記載された必要期間の始期が、医師が治療に必要と認めて紙おむつを購入・使用を開始した日となります。 つまり、この場合は、4月1日以降に購入・使用した紙おむつ代金も含め、終期までの紙おむつ代金はすべて医療費控除の対象になります。

表示されない場合は左のボタンをクリックして「Adobe Reader」をダウンロードしてください。

前のページに戻る

ページの先頭へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm