• 急にドバっと出た時に、ナプキンだとあわててトイレに駆け込んだりする事があるけど、タンポンだとない。量が多い時はタンポンが助かる。

    (30代 専業主婦)

  • ドッと出る感触が嫌で嫌で、その度に服の上から股に手をやり、がに股状態でナプキンを押さえつけるという下品な行動をとっていました・・・。そんなとき母に勧められてタンポンを使い出してから、本当に快適になりました。今では一箱ストックがないと落ち着きません。

    (30代 専業主婦)

  • いちばん多い日に使ってみましたが、ドッと出るときの、「うわっ、出た…」っていう感覚がなく、モレの心配をしなくていいのがよかった。でもやっぱり少し緊張して、お腹が痛くなっちゃった・・・。

    (20代 会社員)

  • 中学の時、ピチピチのブルマにナプキンのラインがなんとなくわかるのが嫌だった。また、授業が終わり、起立!の時一気にドバーっと出て、礼!着席!その時にあまりにも大量の血をナプキンが吸いきれず、着席と同時に横からビヤーっと漏れ出す。多い日は毎回そうだった。制服のスカートも何度汚したことか・・・。本気で嫌だった。でも、高校の時に初めてタンポンと出会って、それが気にならなくなった。本当に感謝しています。

    (20代 パート・アルバイト)

  • 2日目など量が多い日には大きなナプキンを当てていてもモレてしまい、二枚重ねにしたりしていました。ドッと出る感覚も気持ちが悪くて・・・。タンポンを使ってみたら、スポーツもできちゃうくらいに楽でとっても快適!それ以来使っています。

    (30代 会社員)

  • ドッと出た感じがあると「早くトイレに行かなきゃ」と不安になっていたのが、タンポンを使うようになってから仕事中や外出中でも不安や心配が減りました。もともと、タンポンはプールや温泉に行く時に「しかたなく」使うイメージを持っていたのですが、直ぐにトイレに行けない時でも安心できるので、もっと普段から使えば良かったと思っています。

    (30代 その他)

  • 娘と外で遊ぶようになり、タンポンだとずれたりよれたりしないし、ドッとでた感じもないから動きやすい。寝てるときも、横漏れの心配がないから、結婚して旦那の横に寝るようになってからは、ずっと使っています。

    (30代 専業主婦)

  • 仕事で遠い会社に訪問する時など、なかなかトイレに行けない場合にとても重宝しています。電車に乗っている時など、立っている時に感じていたドロッと感がないのがいいです。あのドロッと感は、漏れたかも!とハッとさせますからね…。

    (30代 パート・アルバイト)

  • 事務職をしているので、立ったり座ったりの動作が多く、そのたびにドッと出た感じがして、モレていないか不安で何度もトイレに行っていました。ドラッグストアでタンポンを知り、最初は「痛そう」というイメージでしたが、使ってみると簡単に装着できて、不快感すらなかったので、生理日のモレの不安から解放されました!

    (30代 パート・アルバイト)

  • デスクワークが多いのですが、立ち上がる時などにドッと出る感じにいつも不安感があったのですが、タンポンにしたらそれがなくなり、仕事もはかどるし、安心していられるのが何より嬉しいです。今まで(30才過ぎて初めて使いました・・・)なんで使わなかったんだろう???と思うばかりです。早く使えばよかった!!!

    (30代 会社員)

  • お風呂から上がる瞬間、湯船をまたいだ時にドッと出て、お湯を汚してしまい、慌てて洗面器でお湯をかきだした経験があります。それ以来、2日目など量が多い時はお風呂に入る時にタンポンを使っている。ゆっくり出来、しかも体を拭くときにも汚す心配がないので安心できます。

    (30代 パート・アルバイト)

※掲載している声は、使用者の感想です。

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm