CSR・環境CSR・環境トップへ

02
 

基本的な考え方・方針

1990年代より、成長著しいアジアの国々で生理用品や紙おむつの生産販売を進めてきたユニ・チャーム。私たちの変わらない願いは、“不快”を“快”に変える商品とサービスを世界のより多くの女性たちに届けることです。それぞれの地域で暮らす女性たちが、いっそう輝く社会づくりの一助となるよう、当社らしさを活かした貢献を目指します。

SDGsへの貢献

当社の取り組みは、国連 持続可能な開発目標(SDGs)の以下の目標にも合致すると考えます。自社の強みを活かし、世界共通の課題解決に向けてより一層貢献していきます。

ソーシャル・インパクト
新興国初潮教育参加者数

取り組みの背景

女性が自立し、活躍できる社会を目指して

南アジアや中東、北アフリカ地域では、女性の就学・就労の機会が限られ、女性の社会進出が進んでいません。一部の国や地域には、生理中の女性の行動を制限する慣習が根強く残っている場所も。アジア各国では、文化的、社会的背景から、女性の暮らしには、さまざまな課題が存在しています。

それぞれの国や地域が抱える課題を克服し、女性が社会で活躍することは、平等なジェンダーの実現はもちろんのこと、貧困の解消や、地域の経済発展にもつながります。

世界中の女性が、いきいきと生活するための一助となるよう、日本の事業活動で培ってきたノウハウを活かして、それぞれの国や地域の特性に合わせた商品・サービスを提供するとともに、啓発活動や働く場の創造を進めています。

ユニ・チャームの取り組み

ミャンマーでの初潮教育プログラムの展開

「生理だから学校に行けない」をなくすために

ミャンマーでは、生理に関する教育、理解が進んでおらず、生理用ナプキンの使用率は、ミャンマー全国で3割、地方では2割程度にとどまっています。そのため、生理中は学校を休む生徒が少なくありません。教育関係者からも「女子生徒は生理期間中に授業を欠席することで学力が低下し、女性のエンパワーメントに大きな影響を及ぼしている」という声が挙がるなど、社会課題のひとつとなっています。

思春期の体の変化を正しく理解し、生理中も安心して学業に取り組めるよう、生理中の適切なケアを伝えていくことは、将来、女子生徒たちが社会で活躍するための土台となります。

NGOとの協働で、ミャンマー初となる政府公認の初潮教育へ
ミャンマーで開発した初潮教育用教材
ミャンマーで開発した初潮教育用教材

当社は独立行政法人国際協力機構(JICA)や国際NGOである公益財団法人ジョイセフと協力し、ミャンマー国保健スポーツ省を現地実施パートナーとしてミャンマー初となるミャンマー国公認の初潮教育用教材(限定地域利用版)を開発しました。この教材は当社の持つ日本の女子生徒向けの教材を基に、現地で親しまれやすいイラストや表現に変更し、文化的な事情を配慮した内容に改編を加えています。現地教育者へこの教材を使った初潮教育のトレーニングを行い、5つのテスト地域で合計6,100名の女子生徒とその保護者に初潮教育を実施するとともに、適切なケアを体験してもらうため当社の生理用ナプキンを試供品として配布しました。教育後の調査では、初潮教育を受けた女子生徒の多くが「初めて知ることが多く、生理に対する正しい認識ができた。」「母親と生理についてポジティブな話ができた。」などと回答し、70%以上が生理用ナプキンの使用を希望していることが分かりました。

参加した女子生徒やその保護者、教育者等の意見を参考に内容を修正したのち、保健スポーツ省の承認を受け、最終的な初潮教育用教材を完成させました。

初潮教育拡大に向けた取り組みを実施

2017年2月に、中央政府と全州・地域に係る学校保健および思春期保健活動に従事する関係者と共に開かれた成果共有会議では、テスト実施地域以外の州・地域や、NGOからの関心が高く、本事業で制作された教材や教育方法を活用した初潮教育活動を広げるための意見交換が活発に行われました。当社は公益財団法人ジョイセフと連携し、将来的に政府主導で初潮教育活動を展開・拡大していく基盤を作るため、保健省と教育省のメンバーで構成されたコアトレーナーチームを立ち上げ、また、地域教育1郡の教育局および保健局のメンバーで構成された初潮教育に関する講師の育成(指導者向け初潮教育教材活用研修)に着手しました。また行政主体で初潮教育活動を普及・展開できるようコアトレーナーチーム8名、また各地域の初潮教育活動の中心的役割になるようマスタートレーナー35名が参加し、地域アドバイザー会議を実施しました。

ミャンマー保健省によるトレーナー育成の様子
初潮教育の様子

2017年は3つの地域で約90,000名に対して初潮教育活動を実施した結果、生理用品、対処法への知識が向上し、生理用ナプキンの使用率も増加しています。しかしミャンマーは周辺国と比較して人口あたりの小売業が少なく、村にある販売店や雑貨店が少数、小規模であり衛生材料の流通が行きわたっていないため、女子生徒が毎日通学する学校を販売拠点とするビジネスモデルを形成しました。一部の学校で13~17歳の初めての学生専用ナプキンを販売し、一人でも多くの女子生徒やそのご家族に生理用ナプキンを使っていただけるよう、販売いただける学校や販売店の拡大に尽力しています。

学生専用ナプキン
学生専用ナプキン
ジョイセフご担当者の声
公益財団法人ジョイセフ
開発協力グループ
プログラム・オフィサー
小林 真代 氏

ユニ・チャームからご支援をいただき、初潮教育の活動を拡大する取り組みを継続実施できたことに感謝申し上げます。2017年は、これまでの2地域5地区から、3地域15地区に対象を広げ、計75名の初潮教育講師を育成し、大勢の女子生徒とその保護者に初潮教育を行うことができました。講師は、短い劇を取り入れるなど実際の状況をイメージしやすい工夫をしており、初潮教育を通じて、多くの女子生徒が思春期の身体の成長に関する基礎知識と初潮の適切なケアを身に着けました。ナプキンの適切な処理に必要なゴミ箱もユニ・チャームがご提供くださり、学校現場からも感謝の声が届いています。

 
 
担当者の声
MYCARE Unicharm Co.,Ltd.
マネージングディレクター
西岡 泰尚

2016年から始めた学校での初潮教育は2年目に入り、昨年以上に多くの学校、生徒に実施することができました。農村に住む女子生徒たちには生理期間を清潔に保つという意識がまだ行き渡っていないのが実情で、身近な親や友達も共に生理用品を使用し衛生的な生活を営む習慣を根付かせる活動の継続が重要です。今後も継続的に生理に対する知識と対処方法について普及啓発活動を行い、将来のミャンマー国の発展を担う女性の社会進出を支援し、少しでもミャンマーの女性がいきいきと活躍できる社会の実現に貢献できればと思います。

インドにおける初潮教育の進展

インド各地で初潮教育のプログラムの展開を拡大

当社は、JICAや現地のNGO等と協力し2013年にインドの女子生徒に生理のメカニズムや適切なケアを教える初潮教育「Managing Menstruation-My Pride」を始めました。

インドの少女たちが生理期間中も衛生的に過ごし、自信を持って活動できるようになることを目指すこの活動は、2014年にデリーにある16校・3,100人規模から始まり、学校からの信頼を得て各地に広がり累計すると5年間で15都市・995校で実施、約20万人の女子生徒がこの取り組みに参加するまでに拡大しました。

初潮教育受講者の生徒からは、「とてもよい内容で、情報量も多く、ためになった。ナプキンの必要性を実感した。Sofyを使ってみたい。」との感想が聞かれ、先生からは、「学校では取り上げなかった、とても可能性を感じる、必要とされている取り組みだ。」という声をいただきました。

月経教育の展開の拡大

2017年は、女子生徒への初潮教育活動に加え、農村地域への月経に関する正しい知識の啓発活動を行いました。“マヒラ セヒヨギ”と呼ばれる方々に対し、生理用品の啓発者としての教育を行い、そこからコミュニティ内に正しい月経意識を広げ、農村女性に生理用ナプキンの使用を促しました。

また、政府と提携し、月経に関するワークショップを計画し、5州144カ所で実施、8,413名に参加していただきました。

これにより、月経に関する正しい知識取得者は、開始前の19%から終了後には92%に向上しました。

他にも、パンジャブ州においては、教員研修を政府の教育省と協働して実施しました。学生を訓練する教師の能力向上を目的に、21地区3,368校・14,000名の教師を対象にトレーニングビデオのライブ放送を実施し、参加者の衛生教育に関する知識を高めることができました。

教育風景
トレーナー
ライブ放送

サウジアラビアの女性専用工場での就労支援

働きやすい環境をさらに拡大

託児所の様子
託児所の様子
子どもとも過ごせる充実した休憩スペース
子どもとも過ごせる充実した休憩スペース
女性社員がリーダーとして工場運営に取り組む
女性社員がリーダーとして工場運営に取り組む

文化的、宗教的な理由により、サウジアラビアでは女性は家族以外の男性と同じ室内にいること、話すことも禁止されています。当社は、現地の文化を尊重しながらも女性に活躍の場を提供できるよう、2012年5月、サウジアラビアに女性専用の工場を設立。女性の社会進出が難しい環境にある中、積極的に女性の採用を進めてきました。採用する女性は年齢層もさまざまで、身体に特別な配慮が必要な方の採用も進めており、多くの女性がやりがいをもって働き、経済的な自立を実現しています。

当初16人でスタートした工場も大きく拡大し、2017年4月には首都リヤドに第3工場が竣工しました。第3工場には、社員が快適に仕事できるよう、託児所や救護室、食事・休憩スペースなどを充実させ、環境整備をさらに進めています。

雇用を拡大する一方、生産現場においても作業の簡素化や設備投資による自動化を進めることで、生産性は開始当初より2.6倍も向上しています。また、組織としても女性社員をリーダーに置いて工場運営のレベルアップを図り、優秀な社員にはインセンティブを支給するなど、意欲的に働ける工夫や生活水準の向上も図っています。

今後も、さらにこの組織を充実、発展させ、サウジアラビアの社会貢献に努めていきます。

サウジアラビア法人初の女性マーケッターの声
Unicharm Gulf Hygienic Industries Ltd. Layla Bablail
Unicharm Gulf Hygienic Industries Ltd.
Layla Bablail

私はUGHIで初めての女性マーケッターとなりました。ベビー用おむつ、ウエットティッシュを担当していますが、産院を訪問し、出産を迎えたお母さんの不安を聞き、おむつの使用方法を説明して快適な育児ができるように指導しています。その中で、お母さんは敏感な赤ちゃんの肌のためのウエットティッシュを求めていることを発見し、これらのお母さん方の声を基に敏感肌用ウエットティッシュを上市しました。今までできなかったお母さんと会社のブリッジを築くことができたと思っています。

この保守的なサウジアラビアにおいても、UGHIは、お母さんをサポートできる機会を提供してくれています。これからも、お母さん方の声に耳を傾け、少しでもサウジアラビアの育児環境を良くするサポートができるように、頑張りたいと思います。

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm