サステナビリティサステナビリティトップへ

地域に密着した社会貢献(海外)

 

【ベトナム】母子健康手帳の普及活動

ベトナムの現地法人は、ベトナム保健省と協力して、母親と子どもたちの健康保健の知識向上のため、母子健康手帳200,000部を9つの市と県で配布しました。

【ベトナム】ベトナムワクチンセンターに紙おむつを提供

ベトナムの現地法人では、2019年7月~12月まで、ベトナムワクチンセンターのおむつ替えルームを訪れた赤ちゃんのために、乳幼児用紙おむつ36,000枚を提供しました。

【タイ】障がい者支援プロジェクト

タイの現地法人では、障がい者が収入を得られるよう支援するプロジェクトとして、障がい者が製品を販売できるスペースを提供しています。

【インド】大型サイクロンにおける被災女性への支援

2019年5月、インド東部のオディシャ州プリーに大型サイクロン「ファニ (Fani)」が上陸し、停電、断水、通信手段断絶などの甚大な被害をもたらしました。インドの現地法人は、オディシャ州政府の要請を受け、救援物資として214,560枚の生理用ナプキンを53,640名の女性に届けました。

【インド】紙おむつ使用啓発活動

紙おむつの普及率が低いインドの一部都市や農村部において、赤ちゃんのすこやかな成長に不可欠である赤ちゃんがぐっすり眠れる育児環境づくりや、衛生的な排泄ケアの重要性を伝える「Namaste Poko Chan Event」を運営しています。イベントには啓発活動専用のトラックを用意し、地域のオープンスペースを利用して展開しています。また地元の保健師の協力を得て集まった方々に、ショートムービーや体験型プログラムを通じて、赤ちゃんと母親の睡眠の大切さや衛生的な育児・排泄ケアの大切さの説明と、紙おむつのあて方や吸収実験などの紹介をしています。2019年は、複数のトラックで年間のべ240日、全部で960回のイベントを行い、約50,000名の方々に参加していただきました。

【インドネシア】河川清掃と適切な廃棄に関する啓発活動

インドネシアの郊外で河川にごみが捨てられている問題を解決するために、インドネシアの現地法人は、現地の環境局、NGOなどと協働で2019年3月より河川の清掃活動を継続しています。また、ごみ箱20個の寄付と、河川への不法投棄を禁止する看板20枚を設置することによる、市民の適切な廃棄への意識向上と、自治体による回収の仕組み作りを支援しています。使い捨て紙おむつを生産するメーカーとして、パッケージへの適切な廃棄方法の記載や、地方での適切な廃棄に関する教育などの啓発活動も実施しています。

【インドネシア】児童養護施設訪問

2019年8月、インドネシアの現地法人は2カ所の児童養護施設を訪問しました。この訪問は、子どもたちへの社会的な支援と交流を図ることを目的にインドネシア現地法人の創立記念日の活動として継続実施しています。乳幼児用紙おむつ、ウェットティッシュ、生理用ナプキンの寄付に加えて、初潮を迎える女の子へ初潮教育を実施しました。

【インドネシア】介護技能実習生向け排泄ケア研修を実施

2019年10月、インドネシアの現地法人はOSセルナジャヤ・インドネシアと合同で、介護技能実習生向けに、高齢者の排泄ケアに関する研修を実施しました。参加した実習生26名は、高齢者の日常生活動作(ADL)に応じた紙おむつの使用方法や接し方など、日本式の排泄ケアについて学びました。

【マレーシア】購入キャンペーンを通じて社会福祉団体へ寄付

マレーシアの現地法人では、マレーシアの小売業者である99 Speedmartと、期間中に販売された対象商品1パックにつき1リンギットを社会福祉団体に寄付するキャンペーンを実施しました。

【台湾-大中華圏】高齢者ステージショーに協賛

2019年11月、台湾-大中華圏の現地法人では、高齢者の社会参加を促進し、年齢を重ねても元気で楽しい生活の実現に向けて、弘道老人福利基金会主催の高齢者ステージショー「仙角百老匯 8」に6.5万元を寄付するとともに、会場で「さわやかパッド」および「すっきりスタイルパンツ」を配布しました。

【台湾-大中華圏】乳幼児支援バザーに協賛

2019年5月、台湾-大中華圏の現地法人は、乳幼児を保護する福祉団体の勵馨基金会とベビー用品専門店の卡多摩が主催したバザーに協賛し、商品を提供しました。バザーの売り上げの10%と、参加者の寄付で集まった資金は、乳幼児の養育費や医療費に充てられます。

【中国】福祉施設訪問

2019年8月、中国の現地法人は、上海市の老人福祉施設を訪問し、入所者の方々と交流しました。また、大人用紙おむつの商品説明などを行い、商品や日用品を寄贈しました。この訪問は、町内会と連動した地域貢献のひとつとして、2011年より毎年実施しています。

【中国】「Children Baby Maternity EXPO China」に出展

2019年7月、中国の現地法人は、上海で開催された中国最大級のベビー関連商品の展示会「CBME(Children Baby Maternity EXPO)China」に出展しました。今年で5回目の参加となり、新たに発売した薄さ0.2cmの紙おむつ の展示と、商品のサンプリングを行いました。

【韓国】「SHARE PAD Campaign」を実施

韓国の現地法人は、韓国一人親家庭福利施設協会と連携し、一人親家庭などに1,964,252パックの生理用ナプキンやライナーを寄付する「SHARE PAD Campaign」を実施しました。

【韓国】低出生体重児応援キャンペーンを実施

韓国の現地法人では、SAMSUNG CardのBaby Storyと協力し、3,000人の低出生体重児に83,000枚の乳幼児用紙おむつを提供しました。また、専門家による小さく生まれた赤ちゃんの両親のための教室を開催し、育児情報を提供しました。

【アメリカ】「Global Pet Expo 2019」に出展

2019年3月、アメリカの現地法人は、フロリダ州で行われた全米最大のペット用品の展示会「Global Pet Expo 2019」に出展し、デモンストレーションを交え商品を紹介しました。毎年開催されているこの展示会には、世界各国から約1,000以上の企業が出展し、3,000点以上の新商品が紹介されるもので、2019年は1,174企業が出展しました。

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm