サステナビリティサステナビリティトップへ

2017年1月16日

 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、お客様第一主義にもとづき消費者志向の取り組みを推進しております。お客様へのご満足を提供し続けることを明確なメッセージとして発信すべく、取り組み内容を自主宣言として策定いたしましたので、お知らせさせて頂きます。

 

消費者志向自主宣言

2017年1月16日
ユニ・チャーム株式会社
代表取締役社長執行役員
 高原 豪久

 

【理念】         
 我が社は、市場と顧客に対し、常に第一級の商品とサービスを創造し、日本及び海外市場に      
 広く提供することによって、人類の豊かな生活の実現に寄与する。          
         
【基本的な取り組み方針】   ~経営トップのコミットメント~      
 お客様からの苦情やお問い合わせにはいかなる時も誠実・迅速・公正に対応することを宣言致します。         
          
 Ⅰ.お客様からいただいた声はお客様相談センターに集約し、QMS(ISO9001)苦情対応プロセス

   手続書・ISO10002苦情対応プロセス文書に基づき、公正・公平に対応します。

   商品・サービスの不具合に関する情報は経営トップに速やかに報告し、改善に取り組みま

   す。         
 Ⅱ.是正が必要な場合には、QMS(ISO9001)是正及び予防処置手続書にのっとり関連部門が連

   携し、迅速に是正と再発防止に取り組みます。         
 Ⅲ.お客様の声を真摯に受け止め、お客様に満足して頂けるよう各部門協力して、改善に努めます。

    お客様の貴重なご意見を製品やサービスに反映できるよう努めます。         
                 
【具体的な取り組み】         
 Ⅰ.コーポレートガバナンスの確保      ~経営トップにお客様の声が届く体制~   
 透明性のある企業経営・積極的な情報開示を行い、企業の成長発展・社員の幸福・社会的責任の達成を実現します。

 役員会議においてお客様相談センターの報告時間を設け、お客様から頂いた声を真摯に受け止め、対応方針について検討・発信して参ります。         
         
 Ⅱ.全社員の積極的な取り組み     ~お客様志向を培う企業風土・社員の意識醸成~    
 お客様満足向上のため、毎年1回海外を含むグループ全社員参加の場で、お客様に喜んで頂ける製品やサービス・提案を発表し、成功事例を学びます。それによって全社員がお客様志向を共有し、より一層の向上に努めて参ります。         
                  
 Ⅲ.関連部門の有機的な連携による迅速な対応      ~迅速・誠実な対応への取り組み~   
 お客様からいただいた声はお客様相談センターに集約し、QMS(ISO9001)苦情対応プロセス手続書・ISO10002苦情対応プロセス文書に基づき、公正・公平に対応します。

 商品・サービスの不具合に関する情報は経営トップに速やかに報告し、改善に取り組みます。是正が必要な場合には、関連部門が連携し、迅速に是正と再発防止に取り組んで参ります。                
         
 Ⅳ.消費者への情報提供の充実・双方向の情報交換  ~安全にお使い頂くための情報発信~   
 製品の安全性に関するよくある質問をホームページ等に掲載し、広く製品の安全性について公表して参ります。

 また、お客様が安全かつ有効に商品をご使用いただけるよう、正しい使用方法をご理解いただくため商品パッケージ、取扱説明書、広告や、ホームページ、ニュースリリース、お客様相談センターからの発信を含む様々な手段でお客様への情報提供を行います。  
         
 V.消費者・社会の要望を踏まえた改善・開発~お客様志向・社会的責任を形にした商品創り~    
 お客様からのお声を真摯に受け止め、ご要望を製品化に繋げる活動を全社を挙げて取り組んで参ります。自社商品に厳しい環境基準を設け、商品設計・原材料の選択を行うと共に、生産工程の廃棄ロスを極限まで減らすことにチャレンジして、基準をクリアした商品のみに付けることのできる「エコ・チャーミング」マーク取得を拡大します。さらに、事業活動でも廃棄物削減など環境負荷低減に全社一丸となって取り組んで参ります。         
 

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm