CSR・環境CSR・環境トップへ

世界中の全ての人々のために快適と感動と喜びを与えるような世界初・世界No.1の商品とサービスを提供しつづけます。

トップメッセージ

 

企業理念「NOLA&DOLA」の実現が当社のCSR

IT技術の進化やグローバル化によって、世界中でさまざまな変化が予測の幅を超えて発生し、その変化が常態化しているニューノーマルな時代が本格化しています。日本をはじめとした成熟国での少子高齢化、地球全体規模の環境問題、新興国の貧困・衛生問題など、持続可能な開発目標(SDGs)やCOP21に提示されているように社会的課題が多様化しています。

それらの課題を本業で解決していくこと、それがユニ・チャームの企業理念「NOLA&DOLA」の実現であり、当社のCSRであるといえます。「NOLA&DOLA」には、「赤ちゃんからお年寄りまで、生活者がさまざまな負担から解放されるよう、心と体をやさしくサポートする商品を提供し、一人ひとりの夢を叶えたい」という想いを込めています。「いつまでも、その人らしく生きることを支え続ける」ことが当社の使命であり、そのために何をするべきかという問いは、当社にとって最重点テーマのひとつとなっています。

「共生社会」の実現を目指して

2020年に日本の総人口の30%は65歳以上の高齢者になることが予測されています。今後はあらゆる世代が共に助け合って生きる「共生社会」を実現しなくてはなりません。お互いに負担を感じながら支え合うのではなく、「その人らしさ/自分らしさ」を尊重し合い、皆が自然に暮らせる社会をつくることが大切だと思います。
当社は1987年の大人用紙おむつ事業参入以来、常に新しい介護習慣を提案し続けてまいりました。現在は健康寿命延伸の実現に向けて自立排泄をサポートする「ライフリーうす型軽快パンツ」や、外出意欲を高め社会参加を促す尿ケア専用品の普及・啓発に取り組んでいます。2016年には新たな取り組みとして、社会との触れ合いを促す認知症予防プログラム「ソーシャル・ウォーキング®」を考案し、高齢者の健康・長寿の実現を目指しています。
また、ベビーケアでは、赤ちゃんのすこやかな成長のためにさまざまな研究を続けてまいりました。本年は長崎大学と共同で世界初となる“触感”を通じた母子相互作用の脳活動を測定する技術を確立しました。やわらかい紙おむつは肌をなでられたときに近い脳活動の活性が見られ、赤ちゃんが気持ちよいと感じていることが確認されました。この結果を元に、オーガニックコットンを表面シートに配合した、ママのスキンシップのような肌触りのよい紙おむつ「ナチュラルムーニー」を発売しました。他にもペットとの共生は私たちの心と体の健康維持・増進に効果をもたらし生活の中に大きな喜びをもたらし、高齢者の健康・長寿に効果のあることが分かっています。1986年にペットケア市場に参入した当社は、ペットと家族が一緒に笑顔溢れる幸せな生活を送れる社会の実現を目指し、2001年にはペット用紙おむつを発売しました。さらに衛生的な室内飼育を可能とするデオトイレや外出先での不安を解消するマナーウェアなどを提案し、ペットと人の共生社会の実現に取り組んでいます。

グローバルな社会課題への挑戦

1984年、台湾で現地法人を設立したことから当社の海外展開はスタートし、現在では世界約80の国・地域で紙おむつや生理用品などを提供しています。日本で培った商品開発力やマーケティング力をもとに、国や地域で異なる生活スタイルや商習慣に合わせて事業拡大を急進しています。2007年には、製品機能を絞り込んで手ごろな価格を実現したマミーポコパンツスタンダーを上市し、多くの家庭に衛生的で安全な育児生活をお届けしました。こうした中、当社は2006年に「国連グローバル・コンパクト」の支持を表明し、参入する国や地域では生産・販売などの場面で積極的に現地の雇用を創出してまいりました。また、世界中で拡大する日本製品の需要に対応するため福岡県で新工場設立を予定しています。独自の技術やノウハウにAI、IoT、ロボット等の最新技術を加えることで作業の自動化、自ら考える設備の導入、工場(現場)の見える化、省エネルギーなどを実現し、環境と調和するスマート工場の稼働に向け全社一丸となって動き始めています。
さらに、責任ある行動が求められる環境への取り組みに対しては、中期的な指針となるEco Plan 2020を制定しました。持続可能な社会への貢献と循環型社会の構築を目指す使用済み紙おむつの再資源化の取り組みも、鹿児島県志布志市と共同で実証段階を迎え事業化に向けて推進しています。

持続可能な企業を目指して

2015年5月より、執行に対する取締役会の監督機能強化、および社外取締役の経営参画によるプロセスの透明性と効率性向上によりグローバルな視点からステークホルダーの皆様の期待に応えるため、監査等委員会設置会社に移行しました。指名委員会や報酬委員会での意思決定基準の透明性を高めながら、コーポレートガバナンスのさらなる強化に取り組んでまいります。
さらに、ユニ・チャームグループでは職場環境の整備および改善に取り組んでいます。2016年10月に新設した「働き方改革推進室」では、生産性の向上と女性社員の活躍をテーマに改革を推進しています。2017年1月には「ユニ・チャーム働き方改革宣言!」を掲げ、多様な働き方が可能となる「在宅勤務制度」を導入し、社員の自立・自律を促し生産性の向上と創造性の発揮できる環境を整備するとともに、社員の健康を損なわないよう「インターバル勤務制度」を導入しました。社員の一人ひとりが健康でいきいきと活躍できる働きがいのある会社を目指してまいります。
今後はこれまでとは劇的に異なる前例にないような変化、つまり“Mutation”(突然変異)への突破口を全社員で切り開き、デジタル技術と不織布技術の融合で不快を“快”に変える新たな事業領域の拡張に取り組み、ユニ・チャームの目指す共生社会の実現に取り組んでまいります。

2017年4月
ユニ・チャーム株式会社
代表取締役 社長執行役員

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm