CSR・環境CSR・環境トップへ

ユニ・チャームグループのCSR

 

事業とCSRの一体化

ユニ・チャームの企業理念は「NOLA&DOLA」です。この企業理念「NOLA&DOLA」には、「赤ちゃんからお年寄りまで、生活者がさまざまな負担から解放されるよう、心と体をやさしくサポートする商品を提供し、一人ひとりの夢を叶えたい」という想いを込めています。この企業理念を事業を通じて実現し、社会課題の解決に貢献することこそが私たちのCSRであると考えています。この考えをより実効性のあるものにするため、ユニ・チャームのCSR重点テーマおよびKPIを定めて取り組んでいます。

ユニ・チャームグループの価値創造プロセス
マネジメントからのメッセージ
ユニ・チャーム株式会社
取締役 専務執行役員
CSR本部担当
グローバル開発本部長
ユニ・チャームプロダクツ株式会社
代表取締役社長執行役員
石川 英二

私たちは、企業理念に「NOLA & DOLA」を掲げ、全ての人びとが支え合い、多様な世代が充実した生活を送る「共生社会の実現」に向けて、本業を通じて社会の課題解決に貢献することを目指しています。そのために独自の不織布・吸収体の加工成型技術を研き、よりよい商品とサービスの創造に取り組んでいます。

国内においては、超高齢社会が進行する中、健康寿命を伸ばす新たな提案を推進してきました。また、海外においては女性の社会進出を推進するような製品を提供するとともに、工場や事業所で女性の雇用を創出しています。

これらの取り組みに加えて、持続可能な社会の実現に向けてさまざまな環境負荷の低減を推進し、2016年には中期的な環境への取り組みの指針となるEco Plan 2020を制定しました。①廃棄物の削減、②持続可能な原料調達、③気候変動への対策 を柱とする体制を構築し、使用済み紙おむつの再資源化や、生物多様性に配慮した資材調達、COP21を念頭に置いた地球温暖化への対応、そして環境配慮型商品の拡充など、持続可能な社会への貢献を目指してまいります。

CSR推進体制

全社横断的なCSR体制を構築

当社では、ステークホルダーの期待に応えるCSR活動を具現化し、円滑に推進するための体制を構築しています。社長を委員長とした全社横断の推進組織となる「CSR委員会」を年4回開催し、CSRに関わる活動の共有を行い、経営に活かしています。

参考にしているフレームワーク

当社は、グローバルで事業展開する上で、さまざまな国際的なガイドラインを参考にし、ステークホルダーの声を意識しながら事業活動を行っています。また、国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト」の10原則を支持し、2006年5月から参加しています。

ステークホルダーとの関係

当社は、“信念と誓い”と企業行動原則で、お客様・株主・お取引先・社会から信頼される誠実な企業活動を行うことを誓い、さまざまな機会を通じて、ステークホルダーの皆様と双方向のコミュニケーションを行っています。

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm