サステナビリティサステナビリティトップへ

生物多様性

 

基本的な考え方・方針

ユニ・チャームが提供する商品やサービスは衛生的な日常生活に欠かせない消費財ですが、これらの提供には資源の利用や廃棄物の発生など、地球環境と密接に関係しているため、生物多様性の保護と密接な関係にあると認識しています。事業活動が生物多様性に与える影響を理解した上で、事業展開の継続と「人と自然が共生する未来」を守る活動につながる持続可能な資源の利用を推進します。特に当社が原材料に多く用いているパルプなどの森林資源については管理された森林から資材を調達し、違法伐採材を排除し、地域住民と労働者の権利保護などに努め「生物多様性の主流化」に貢献します。

生物多様性におけるリスクと機会

当社のリスクとして、①資源(特に紙・パルプ、パーム油および農作物)調達時に発生する生物多様性への負の影響発生による資源調達の不安定化・操業率の低下や、調達コストが不安定化するおそれ、②自社拠点の操業時に発生する生物多様性への影響による原状回復のための費用発生、操業停止や消費者の買い控えが発生するおそれがあります。

一方当社の機会として、①持続可能な認証材の積極的な活用によって資材の安定供給やコストの抑制につながること、②小売業との協働で生物多様性に配慮した商品の提供による売上拡大が期待できます。

マネジメント体制

当社は年4回、代表取締役を委員長としたESG委員会にて環境活動、品質課題、社会的課題やガバナンス上の重点課題について計画と進捗を共有しています。具体的な計画については、2017年6月に公表されたTCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)の提言に基づき、「Eco Plan 2020」をベースとして報告を行っています。

また、社外の専門家や有識者との意見交換を通じて生物多様性に関する課題認識やマテリアリティの特定、見直しを行うことで課題形成を行い活動の指標を設定しています。「Eco Plan 2020」において、原料については、ESG本部・グローバル開発本部購買部・海外拠点購買と協働で持続可能性が担保された第三者認証原料への切り替えを進めており、途中経過については、ESG委員会で報告するともに、ホームページ上での公開を進めています。

「Eco Plan 2020」持続可能な原料調達の目標、実績(「Eco Plan 2020」より抜粋)
実施項目 2015
実績
2016
実績
2017
実績
2018
実績
2019
目標
2019
実績
判定 2020
目標
②持続可能な
原料調達
■紙・パルプ調達先第三者認証(日本) 82% 80% 94% 95% 97% 95% × 100%
■紙・パルプ調達先第三者認証(海外) - 84% 87% 90% 92% 95% 100%
■パーム油の調達先第三者認証(日本) 0% 調査
開始
把握
完了
2% 10% 31% 100%

また製造に基づく拠点への影響を最小限に抑えるために、産業廃棄物の一時保管場所の管理や処理業者の確認および排気や排水の測定を行っています。

生物多様性の取り組み

有識者との意見交換会

2019年4月、当社を取り巻く社会課題における中長期の重要課題についてWWFとダイアログを実施しました。気候変動(省エネ、再エネ、カーボンプライシングなど)、自然資本としてプラスチック汚染(現在の状況と今後の展開)、森林破壊(紙・パルプ、パーム油などの状況、今後の展開)について幅広い意見をいただき、今後の中長期目標へとつなげるよう準備を進めました。特に、森林破壊については、森林の減少を引き起こさないために、方針やガイドラインの対象範囲を拡大することや森林認証材の原産地を調査し結果情報を開示することの重要性など、幅広くご意見をいただきました。

その他の有識者との意見交換会

2018年には、NGOのFSC®(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)、一般財団法人地球・人間環境フォーラム、また環境省情報開示基盤整備事業においてアムンディ・ジャパン、野村アセットマネジメントとも意見交換会を実施しました。森林資源を使用する企業として、現地で発生している状況についてNGOやNPOから情報を入手しながら透明性の高いサスティナブルな活動を進め、パートナーシップを組んで目標の達成に貢献していきます。

JBIB(企業と生物多様性イニシアティブ)の取り組み

当社は、「企業と生物多様性イニシアティブ」(JBIB:Japan Business Initiative for Biodiversity)の考え方に賛同し、2009年よりネットワーク会員として参加しています。

FSC®等の持続可能な第三者認証原料使用の推進

FSC®等の持続可能な第三者認証材比率

当社商品に使用している紙・パルプの中でFSC®やPEFCやSFIなど持続可能な第三者認証を受けている紙・パルプの比率は以下の通りです。

FSC®認証紙の取り組み

一部の商品のカートンおよび段ボールにもFSC®認証製品を取り入れています。

FSC®認証普及の取り組み(フォレストウィークへの協賛)

当社は国際的な森林認証制度FSC®(Forest Stewardship Council®)の普及啓発を行うFSC®ジャパン(特定非営利活動法人日本森林管理協議会)に協力し、2019年7月20 日~9月30日に開催された、森をまもる大切さを伝える啓発キャンペーン「FSC®フォレストウィーク2019」に協賛しました。
「FSC®フォレストウィーク」とは、FSC®ジャパンが実施している FSC®認証普及啓発キャンペーンです。森の恵みを大切に使いながら、森を守るために必要なこと、それがFSC®マークの製品を選ぶことです。生活者のFSC®認証に対する認知度を高め、「FSC®認証商品を選ぶ」という誰もが参加可能な森林保全の手段を普及することで、森林問題が解決に向かうことを目指しています。

持続可能性第三者認証取得パーム油の使用量

2019年はマスバランス方式によるRSPO認証油の使用を拡大し、使用実績は32.8tonでした。今後も品質・調達ルートを確認しながら持続可能な調達活動を続け、当社が購入する全てのパーム油をRSPO認証油に切り替えていきます。

  • ※マスバランス方式:認証農園で生産された認証油が流通過程で他の非認証油と混合される認証モデル。物理的には非認証油を含んでいますが、購入した認証農園と認証油の数量は保証されます。

廃棄物管理

廃棄物の発生量については汚染予防と資源活用で報告しています。

水系への排出モニタリング結果

法規制および自社基準の違反はありませんでした。

COD、BODの測定結果はサイトデータで詳細報告しています。

大気への排出モニタリング結果

大気への排出については汚染予防と資源活用で報告しています。

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm