ニュースリリース企業情報トップへ

  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 資材調達

2020年7月2日

ユニ・チャーム、ウィズ コロナでの自立を促す「働き方」と「働きがい」改革

2020年7月1日(水)よりコアタイムを撤廃

 

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原豪久)は、「ウィズ コロナ」における社員一人ひとりの働き方は”自分で決めることが極めて重要である”と考えます。「働く場所」を自分で選択できる「リモートワークの推進」に加え、この度、「働く時間」を自分で選択できるよう「コアタイムを撤廃」し、社員の自立的な「働き方」の加速と「働きがい」の向上を目指します。

 

社員一人ひとりの成長が、組織や会社の成長をもたらし、社会への貢献に繋がります。自分が最も成長しやすい環境を自らが見つけ、人生の一部である仕事の時間を大切に使ってもらいたいと願います。


● 『リモートワークの推進』

  原則、週2日のリモートワークで集中して業務に取組む。週3日の事務所で実施する業務との

メリハリをつけ、生産性を高める働き方を実現する。

※上司と相談し、リモートワークに適する業務内容と判断すれば、週2日の日数に拘らずリモートワークを推進する。

 

 『コアタイムの撤廃』

  就業可能な時間は、7:00~19:00設定とする。

1ヶ月の勤務時間は、1日あたり7時間50分×稼働日数とする。

※従来までのコアタイム8:00~12:00は撤廃とする。


本制度の対象者は、正社員・シニアエキスパート社員(定年再雇用社員)・契約社員・派遣社員とする。

(但し、営業職、生産部門・お客様相談センターは適用外とする。) 



●働き方の一例



 <<本件に関するお問い合わせ先>>

一般報道機関の方は、  ユニ・チャーム(株)企画本部広報室  TEL:03-6722-1019

 

 

 

 





 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm