ニュースリリース企業情報トップへ

  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 資材調達

2018年4月12日

男女約2,600人に「尿」に関する意識調査を実施

毎日8割以上の方は“おしっこを確認し健康状態を把握

調査期間:2018年2月21日~28

 

 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、大人用排泄ケア用品を牽引するメーカーとしてお客様に様々な商品やサービスを提供しています。

 この度、男女約2,600人に「尿」に関する意識調査を実施しました。今回その調査結果の一部をご報告します。

 

 

毎日健康な生活を意識(イメージ)

 

《「尿」に関する意識調査のまとめ》

◆8割以上の方が、毎日「おしっこの状態を確認」していると回答。

◆5割以上の方が、毎回(朝・昼・夜)「おしっこの状態を確認」すると回答。

◆5割以上の方が、おしっこを確認する理由は「体調の変化を確認するため」と回答。

◆8割の方が「おしっこの色」、4割以上が「おしっこのニオイ」を確認すると回答。

 

■「尿」に関する意識調査の概要

調査対象:2079

回答者数:2,616人(男性:603人/女性:2013人)

調査期間:2018年2月21日~2月28

調査方法:自社によるインターネット調査

 

■調査結果

(1)あなたは“おしっこ”をする際、ご自身の“おしっこ”の状態を確認しますか?

 →8割以上の方が、毎日「おしっこの状態を確認」していると回答。

 

 

(2)ご自身の“おしっこ”の状態を確認するのは、どのタイミングですか?(複数回答)

 →5割以上の方が、毎回(朝・昼・夜)「ご自身のおしっこの状態を確認」し、2割以上の方が朝「おしっこの状態を確認」すると回答。

 

 

(3)ご自身の“おしっこ”の状態を確認するのは、なぜですか?(複数回答)

 →5割以上の方が“おしっこ”を確認する理由は「体調の変化を確認」し、約2割の方が「病気の早期発見のため」と回答。

 

 

(4)ご自身の“おしっこ”の状態で、何を確認していますか?(複数回答)

 →8割以上の方が「おしっこの色」、4割以上が「おしっこのニオイを確認」すると回答。

 

 

■当社の見解

 当社が「尿」に関する意識調査を男女約2,600人に実施したところ、排尿の際に8割以上の方が“おしっこ”を毎日確認し「体調の変化」や「病気の早期発見」を意識していることが分かりました。また、“おしっこ”の「色」や「ニオイ」等の変化を観察することで、毎日の健康状態を手軽に把握する、大切な判断指標になっていることが考えられます。

 当社は、こうした大切な健康状態の指標となる尿成分を科学し、尿もれケア専用品の表面材の色や消臭機能、そして瞬時に吸収する構造まで、消費者の感じる不安や不満を解決できるよう、商品やサービスを通してサポートしてまいります。

 

<<本件に関するお問い合わせ先>>

一般報道機関の方は、ユニ・チャーム(株)広報室

TEL:03-6722-1019

流通業界紙・誌の方は、ユニ・チャーム(株)営業企画部

TEL:03-6722-1007

消費者の方は、ユニ・チャーム(株)お客様相談センター

TEL:0120-041-062

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm