ニュースリリース企業情報トップへ

  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 資材調達

2017年12月1日

台湾で創立32周年記念日に

ボランティア活動と寄付活動を実施

 

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、台湾にある子会社嬌聯股份有限公司で11月24日、CSR活動を行いました。

当社では、日本での事業活動で培ってきたノウハウを活かし、それぞれの国や地域の特性に合った商品・サービスを展開するとともに、さまざまな社会貢献活動や啓発活動に取り組んでいます。

嬌聯股份有限公司では毎年創立記念日に、社会貢献を目的とし、全社を挙げてCSR活動を実施しています。

今年は、総勢167人の社員が、高齢者施設でのボランティア活動と、今回初となる、DVや性暴力から児童と女性を守ることを旨とする台湾の福祉団体“励馨基金会”(The Garden of Hope Foundation) に寄付する活動を実施しました。この活動は、同基金会が保護している乳幼児が里親を見つけるまでの養育費や医療費を募金し、サポートすることを目的としています。台湾最大手の遠東百貨店のご協力を頂き、台北、台中、高雄の4会場でハイハイ運動会等のイベントを実施し、当社の商品が入った100元(日本円約370円相当)福袋を販売することによって、合計27万元(約100万円)を寄付しました。

  

↑高齢者施設でのボランティア活動の様子            ↑遠東百貨店でハイハイ運動会を実施している様子

 

当社の企業理念である「NOLA&DOLA」には、「赤ちゃんからお年寄りまで、生活者がさまざまな負担から解放されるよう、心と体をやさしくサポートする商品を提供し、一人ひとりの夢を叶えたい」という想いが込められています。この企業理念を事業を通じて実現し、社会課題の解決に貢献することこそが当社のCSRであると考え、今後も国内外問わず、継続した社会貢献活動を進めてまいります。

 

≪本件に関するお問い合わせ先≫

一般メディアの方は、  ユニ・チャーム㈱企画本部 広報室  TEL:03-6722-1019

流通業界紙・誌の方は、ユニ・チャーム㈱営業企画部      TEL:03-6722-1007

ユニ・チャーム株式会社 ホームページアドレス http://www.unicharm.co.jp/

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm