ニュースリリース企業情報トップへ

  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 資材調達

2015年4月8日

「男性の尿もれ専用品」発売から1年、意識調査を公開

若年40歳代やちり紙対処者の反響高く、市場規模は約3倍へ急拡大

使用者の8割が高く評価するが、専用品認知率2割と低く認知拡大が課題

 

 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、軽い尿もれ専用品から大人用紙おむつを牽引するメーカーとしてお客様に様々な商品やサービスを提供しています。その活動の一環として、「男性の尿もれ専用品」の発売後に実態調査を行いましたので、今回その一部をご報告します。

 

 

50歳代 忙しく働くイメージ

 

■調査背景

 近年、仕事やプライベートで若々しく活動的に過ごす男性が増えています。昨年、“軽い尿もれ”※1の実態を調査したところ、排尿後尿滴下(はいにょうごにょうてきか=残尿)を引き起こしやすい男性特有の体の構造や、加齢による前立腺のトラブルなどにより、50代で約2割の方が“軽い尿もれ”※1を経験することが判ってきました。そこで当社では、昨年4月“軽い尿もれ”で悩まれている男性に、外出を控えることなく今まで通りの生活を過ごして頂きたいという思いで、“ズボンにしみない、目立たない”工夫をした『ライフリー さわやかパッド男性用』を発売し、新しい男性用の失禁カテゴリーに参入しました。

 この春、発売1年を迎えたことを契機に、「男性の尿もれ」実態を明らかにして、少しでもお客様の悩みを改善する為、調査をしました。その、結果の一部をご報告いたします。

1 月に1回以上尿もれを経験する方

 

■調査概要

調査対象:2079歳の男性

回答者数:48,408

調査期間:2014年6月13日~6月17

調査方法:インターネット調査

 

■調査結果

(1)月に1回以上の“軽い尿もれ”を経験し、尿もれ専用品※2を使用している方にお伺いします。あなたの年代を教えてください。

40代」15%、「50代」12%、「60代」17%、「70代」21%と、尿もれ専用品使用率は40代以上が6割以上を占める。

※2 尿もれ専用品『ライフリー さわやかパッド男性用』使用者

 

 

(2)月に1回以上の“軽い尿もれ”を経験し、尿もれ専用品※2を使用している方にお伺いします。専用品をご使用の前に、何で尿もれを対処していましたか。

「ちり紙・ハンカチなど」50%と、代替品から専用品へ流入している。

※2 尿もれ専用品『ライフリー さわやかパッド男性用』使用者

 

 

■お客様相談センターへの反響

2014年4月発売以降、「男性の尿もれ専用品」のお問い合わせ件数が3倍に拡大

お問い合わせ内容の、1位は「取り扱い店舗」、2位「使い方」、3位「要望」と、使用を前向きに検討している内容が多くありました。

 

 

〈お客様の声〉

・私は力仕事をするとき、尿もれをチョロっとすることがあります。

20cc程度で大丈夫だと思いますが、パッドをつけて頑張ります。

・想像以上に薄く、とても使い心地がよかった。

・前からこのようなものがあれば良いとずっと思っていました。

このような商品を開発していただき、多くの人も喜んでいることと思います。

 

■当社の考察

 発売後に実態のアンケート調査を行った結果、若年層である40代の男性でも約2割が専用品で対処を行い、専用品使用者全体の約5割がこれまで「ちり紙やハンカチなど」での対処で周囲の目を気にして切実に悩んでいたことが明らかになりました。

 また、専用品の使用満足度が8割と高く、かつ市場規模が約3倍へ拡大していること、更にお客様からのお問い合わせ件数も増えていることから、今後は更なる認知拡大が大切と考えられます。

 当社では、他人には相談しにくい“尿もれ”の不安や悩みの実態をこれまで以上に探求し、気軽に相談しやすい環境作りに加え、少しでも快適に過ごして頂く一助になれるよう、今後とも排泄商品や尿もれ情報の提供を通じてサポートを行って参ります。

※数字は全て、ユニ・チャーム調べ

 

<<本件に関するお問い合わせ先>>

一般メディアの方は、ユニ・チャーム(株)商品広報G 渡邊・別所

TEL:03-6722-1067

流通業界紙・誌の方は、ユニ・チャーム(株)営業企画部

TEL:03-6722-1007

消費者の方は、ユニ・チャーム(株)お客様相談センター

TEL:0120-041-062

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm