ニュースリリース企業情報トップへ

  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 資材調達

2014年10月20日

紙おむつ使用者の排尿実態を、全国の介護施設・病院と共同検証

要介護高齢者の約8※1から不純物を含んだ“尿”を検出

現場の声を活かしQOL向上と夜間の介護負担低減を目指す

 

 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、介護施設・病院に対して大人用紙おむつを牽引するメーカーとしてお客様に様々な商品やサービスを提供しています。この度、全国の介護施設・病院と共同で大人用紙おむつ使用者を対象に、要介護高齢者の夜間の排尿実態を検証しました。その結果をご報告します。

※1 終日寝て過ごす高齢者を対象、ユニ・チャーム調べ

 

 

【不純物を含んだ“尿”を吸収前後の紙おむつの表面 顕微鏡写真】

※ユニ・チャーム撮影

 

■検証のまとめ

◆紙おむつを使用する方は、夜間3回以上排尿する方が76%に上る。

◆終日寝て過ごす高齢者の79%に、不純物を含んだ“尿”が見られる。

◆不純物を含んだ“尿”を複数回吸収すると、パッド表面で目詰まりし、

 吸収スピードが3倍~10倍悪化する。

 

■検証の背景

 近年、高齢者介護に関する問題が深刻化する中、この5年で高齢者人口が更に368万人※2増加しました。高齢者の介護の中で、三大介護とされる「入浴・食事・排泄ケア」が挙げられますが、その中で最も負担が大きいのが「排泄ケア」です。特に、夜間のおむつ交換は、ご本人にとっても介護者にとっても、肉体的・精神的に負担が大きいのが実態です。このような中、当社は、1999年よりケアアドバイザー制度を導入し、尿量にあわせた紙おむつ選びやおむつのあて方の指導を介護施設・病院の現場の方々へ行い、排泄ケアの負担軽減をサポートしてきました。

 しかしながら、モレや肌トラブルの不安から5割以上※3の介護施設・病院で、深夜におむつ交換を実施しています。その理由は様々ですが、「吸収量の多い紙おむつを選んだのにモレてしまった」「紙おむつをしっかりあてたはずなのにモレてしまった」など、モレの原因がわからないことがありました。

 そこでこの度、全国の介護施設・病院にご協力頂き、要介護高齢者の夜間の排尿実態を調査しました。その実態の検証結果をご報告します。

※2 総務省統計局人口推計データ(平成25101日時点。)

※3 ユニ・チャーム調べ

 

■検証の概要

.夜間の排尿実態調査

・調査対象:紙おむつを使用する方25

・調査期間:2013年8月12日~2014年6月7日

・調査方法:20:00~6:00の約10時間、ユニ・チャーム独自の排尿探知センサーによる排尿回数・尿量を測定

.尿成分調査

・調査対象:終日寝て過ごすことの多いテープ止め使用者62

・調査期間:20106月~2014年7月14

・調査方法:採取した尿を臨床検査専門機関で分析

 

■検証の結果

(1)紙おむつを使用する方は、夜間3回以上排尿する方が76%に上る。(19名)

 

 

【ユニ・チャーム独自の排尿探知センサーにて計測】

 

(2)終日寝て過ごす高齢者の79%に、不純物を含んだ“尿”が見られる。

 

 

(3)(2)で検証したような不純物を含んだ“尿”を複数回吸収すると、パッド表面で目詰まりし、吸収スピードが3倍~10※4悪化する

 

 

【実際の尿での吸収スピードの比較】

※自社尿とりパッドにおいて、ユニ・チャーム調べ

 

※4 尿の状態の個人差や日によって、目詰まりの発生度合いが異なります。

 

■検証の成果と考察

 これまで尿モレの多くは尿量にあわせた紙おむつ選びと、適切な使い方やあて方で解決できると考えてきました。しかし、病院・介護施設の現場の方々から「吸収量の多いパッドを使っているのにモレが発生してしまうので、やむを得ず深夜におむつ交換をしている」という悩みを頂きました。当社では、「一人でも多くの高齢者に夜はぐっすり眠ってもらいたい」その思いから、要介護高齢者の尿成分にフォーカスして分析を行い、モレ発生のメカニズムを研究しました。

 今回の検証から、終日寝て過ごす高齢者の79%に、不純物を含んだ“尿”が見られました。また、その不純物を含んだ“尿”を複数回吸収すると、紙おむつ表面に不純物が目詰まりし、吸収スピードが3倍~10倍悪化することがわかりました。

 今後、介護施設・病院に対して「夜はぐっすり眠り、昼はできるだけ離床促進でいきいき過ごして頂く」生活リズムを創るケアの製品や排泄ケアで、サポートしていきます。

 

 

<<本件に関するお問い合わせ先>>

一般メディアの方は、ユニ・チャーム(株)商品広報 渡邊・別所

TEL:03-6722-1067

流通業界紙・誌の方は、ユニ・チャーム(株)営業企画部

TEL:03-6722-1007

消費者の方は、ユニ・チャーム(株)お客様相談センター

TEL:0120-041-062

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm