ニュースリリース企業情報トップへ

  • ニュースリリース
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 資材調達

2012年9月20日

脳波測定で生まれた『ソフィ Kiyoraフレグランス』が

13回日本感性工学会大会『優秀発表賞』を初受賞

2012年8月30日(木)東京電機大学 東京千住キャンパスにて授賞式~

 

ユニ・チャーム株式会社(社長:高原豪久、本社:東京都港区)は、生理用品の『ソフィKiyoraフレグランス』の商品開発において実施された『脳波による香り感性診断』の研究成果が評価され、第13回日本感性工学会大会の『優秀発表賞』を初受賞しました。

本研究成果は、第13回日本感性工学会(2011年9月3日)で発表され、また、AROMA RESEARCH( No.49 2012年2月28日発行)に論文掲載されました。

 

 

 

■受賞の背景と成果

 近年、アロマテラピーや香水など香りを身につけることを楽しむ女性が増え、洗濯用洗剤や消臭剤など日用品分野においても、香りつきの商品が多く販売されています。

 これまでパンティライナーにも、微香タイプという香りつきの商品がありましたが、パンティライナーにふさわしい香りという視点でのラインナップはありませんでした。

 そこで、当社は、「パンティライナーとして求められる香りとは何か?」という独自の視点に立ち、長岡技術科学大学 中川匡弘教授と佐瀬巧氏との共同開発で、脳波測定による香り感性診断を活用した研究開発に取り組みました。

 研究の結果、パンティライナーの香りとして引き起こされるべき感性は「豪華な」「やさしい」「爽快感」であることを突き止め、それぞれの感性を高める香りを選択することが可能になりました。

 その研究成果をもとに、新たな香りつきパンティライナー『ソフィ Kiyoraフレグランス』シリーズを2011年9月に発売しました。

 

 

 

 

【長岡技術科学大学中川匡弘教授のコメント】

商品の性能、価格、品質に次ぐ第4の価値として感性価値が注目されている中、女性向け商品における感性価値の研究開発は、欠かせないテーマです。従来から脳波測定による香りの効果研究は多数行われていますが、今回、商品そのものに求められる香りとは何かを、脳波フラクタル次元解析手法を用いて評価し商品化したことは、前例がなく大変有意義なことだと考えます。

 

  

■今回の受賞者

 長岡技術科学大学 中川 匡弘教授、佐瀬 巧氏

 ユニ・チャーム株式会社 土生 知恵美、山元 ひろみ、宮澤 清

 

■表彰式の日時/場所 

 日時:2012年8月30

 場所:東京電機大学 東京千住キャンパス(東京都足立区千住旭町5番)

 

 

 

■ご参考 

「日本感性工学会」について

199810月9日設立、従来の人文科学・社会科学・自然科学といった枠にとらわれることなく、幅広い学問領域を融合して、感性工学という新しい科学技術を立ち上げ、活動しています。

*データは全てユニ・チャーム調べ

 

 

<<本件に関するお問い合わせ先>>

一般メディアの方は、ユニ・チャーム(株)メディアG(商品広報)石黒・別所

TEL:03-6722-1067

流通業界紙・誌の方は、ユニ・チャーム(株)営業企画部

TEL:03-6722-1007

消費者の方は、ユニ・チャーム(株)お客様相談センター

TEL:0120-423-001

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm