尿もれはなぜ起こる?

「尿もれの種類って?」「尿もれしやすい人って?」尿もれの基礎知識を正しく知って、セルフケアを心掛けましょう。

尿もれの種類と症状って?

尿もれには種類があり、症状の程度も様々で、主に下記2タイプに分けられます。

腹圧性尿失禁

40代女性に起きる尿もれのほとんどがこのタイプに当てはまります。
せきやくしゃみをした時など、お腹に力が入った瞬間にもれるのが、腹圧性尿失禁です。骨盤底筋が弱ってくると、腹圧性尿失禁の原因となります。

切迫性尿失禁

「トイレに行きたい」と思っても、間に合わずにもらしてしまうタイプです。
トイレのドアノブに手をかけたり、トイレで下着をおろしている時、などにもれるのが、切迫性尿失禁です。過活動膀胱といって、膀胱が過敏になっている状態が原因となっています。

男性より女性に多い理由って?

尿もれが男性よりも女性の方が多いのは、以下の2つが原因とされています。

理由1:女性の尿道が男性に比べて短いから

男性の尿道は細く、出口までS字を描くように伸びているのに対し、女性の尿道は男性に比べて太くて短くなっており、出口まで直線的に伸びているということも、尿もれの起こりやすさの差を生んでいるようです。

理由2:出産経験が骨盤底筋に影響するから

尿もれのタイプ、腹圧性尿失禁が起こる原因に骨盤底筋のゆるみがあります。経膣分娩による出産で、骨盤底の筋肉と線維組織が大きく引っ張られてゆるむ等が原因となっているようです。

尿もれしやすい人・場面って?

尿もれしやすい人とは?また、尿もれが起こりやすい場面とは?

出産経験者、肥満の人が起こりやすい

出産経験者、特に2回以上経験がある女性は発症率が高くなります。分娩時、骨盤底筋へのダメージが大きな原因です。
また、肥満と腹圧性尿失禁の関係についての研究結果があり、減量すると改善することが報告されています。

「せき」や「くしゃみ」時にもれる人が8割以上!

女性40代の尿もれ経験者に行った調査によると、8割以上の人※が「せきやくしゃみをしたとき」と回答しています。
また、「スポーツや運動時」「大笑いしたとき」など腹部に圧力がかかった場面が多いようです。その他、「冷えたとき」「冬の時期」なども挙げられています。

  • 2010年 ユニ・チャーム調べ

尿もれと骨盤底筋の関係って?

骨盤底筋の役割を知り、意識することで、尿もれの改善が始まります。

尿もれは、骨盤底筋がゆるんでいるサイン

骨盤底筋が健康な状態であれば、ちょっとした運動などでお腹に力がかかっても骨盤底筋の組織が反射的に尿道口を締め、尿もれを防ぎます。
しかし、骨盤底筋がゆるむと、尿道口をキュッと締めることができず、尿がもれてしまいます。
尿もれは骨盤底筋がゆるんでいるサインとも言えます。骨盤底筋トレーニングを習慣的に行い、尿ケア専用品を使用し楽しい毎日を過ごしましょう。

尿もれ対策に!骨盤底筋トレーニング